2019年10月17日

今日は一年に二度の消毒の日

10月17日(木)
池田理代子です。

今日はうちのマンション全体で実施される年に二回の消毒の日でした。(あと一回は毎年四月)

いつも、村田の運転する車にぷにを乗せて、あちこちドライブして回りながら時間をやり過ごすのですが、今回は『トムとジェリー』大阪公演のため村田が不在なので、時間差で、村田が所有する館内のもう一部屋を午前中にやっていただき、午後からぷにを連れてその部屋に避難しました。

始めのうちうるさく鳴いて、落ち着かない様子でしたが、その内ご飯も食べ、お布団に潜り込んでやっと大人しくなりました。
外に出よう出ようとするのですが、いざドアを開けてやると、怖がってすぐ室内に逃げ込みます。
臆病者で助かっています。

いよいよ四国でのコンサートも一週間後に迫ってきました。

コンサートの翌日には、香川日仏協会35周年記念の講演会と懇親会に出ます。
高松は、母方の祖父母の出身地で、沢山親戚もいるので懐かしいです。
時間があれば祖父母のお墓参りもしてきたいです。
高松空港のすぐ近くなんです。

村田は、生まれ育った地でのコンサートを心待ちにしています。
既に200席が満席となったとのこと、有り難いことです。
IMG_20190819_0001.jpg
今日は、プロ野球ドラフト会議ですね。
これだけは毎年見逃せません。
ただ、その後の「お母さん、有難う」という企画は、日本人がほんとに好きそうなお涙頂戴でちょっと・・・ね。
とか言いながら、そっちもついでに必ず見てしまう私です。

それと共に、別な時期にやる「プロ野球戦力外通告を受けた選手たち特集」も、毎年必ず見ます。
厳しいプロの世界の現実を見せつけられ、一見華やかに思われているであろう野球選手の生活の実態や、ご家族のご苦労など、胸が締め付けられるような時もあります。
フェラーリを乗り回すような派手な選手というのは、本当に一握りに過ぎないということがよくわかります。
奥さんたち、本当に偉い!
パパの復帰を願っている小さな子供たちの姿の方に、涙が出てきます。

自分ではとんとスポーツはやらない(やれない?)くせに、ラグビー、ボクシング、サッカー、柔道、相撲、陸上競技etc...と、よく見ています。
そうそう、オールブラックスの前キャプテン、リッチー・マコウは、引退して現在故国で遊覧飛行の会社をやっているそうで、いつか乗りに(会いに?)行きたいと願っています。

posted by riyoko at 16:53| Comment(0) | 日記