2019年12月13日

来年三月は、ロッシーニ歌劇場とバチカン!

12月13日(金)
村田孝高です。

合唱団の皆さん!!
来年三月は、いよいよ『第九』を歌いに行きます。
あの思い出深いロッシーニ歌劇場と、それから、何とついに、バチカンの聖ジョバンニ・イン・ラテラノ教皇大聖堂です。
IMG_1219.JPG

IMG_1223.JPG
「全世界の教会の母」と呼ばれるこの大聖堂では、これまで決して歌うことが許されたことはありませんでした。
天皇即位の際にも、教皇代理として来日された、馴染み深いモンテリージ枢機卿のお力添えで、今回『第九』の演奏が許可されたそうです。

日本出発は3月7日、帰国が13日です。
私は、第九ソロを歌わせて頂きますが、合唱団の皆さん、それから、第九経験のある皆さん、ぜひ今回もご一緒しましょう!!

理代子さんの仕事部屋の窓は、紅葉と海が一望のもとに見渡せる位置にあります。
家中で一番狭くて、一番眺めの良い部屋です。
2017.11.30仕事場からの紅葉.JPG
熱海では今、遅い紅葉が真っ盛り、梅園の傍を通ると、目が眩みそうです。

本日は、御殿場にて、お知り合いのソプラノ・薮田瑞穂さんのコンサートにお招きを受けて、『椿姫』のジェルモンなどを歌ってきます。
posted by riyoko at 15:05| Comment(0) | 日記

2019年12月10日

タップダンス始めました

12月10日(火)
池田理代子です。

東京オリンピックのチケットのことで、世間は大騒ぎしているようですね。
1964年の東京オリンピックの時は、都内の高校生は皆割り当てチケットを頂き、私も陸上競技を観に行ったのを思い出します。
高校二年生の時でした。

でも、何より悔しかったのは、開会式の予行演習の際、都内の高校のブラスバンド部のトランペット吹きが全員駆り出されたのに、私は、当日間際になって「女は駄目」という理由で出させてもらえなかったことです。
それまで一生懸命、あの難しいファンファーレを練習していたのに、女だから駄目だなんて・・・。
あの頃はまだまだそういう時代でした。
今では、ブラスバンドの管楽器奏者も、むしろ女の子が多いくらいの時代になりましたね。

さて、昨日から、私はタップダンスの教室に通い始めました。
村田は純粋に芸術的な興味から、私は、足腰の衰えを少しでも防ぐための運動としてです。
タップシューズ.jpg
あの、宝塚の男役の大スター・古城都さんが、沼津でお教室をやっていらっしゃるんです。
勧められて、「いやー、もう私なんか、70歳を越えてるのに無理ですよ」と言ったら、そこのお教室の方がほとんど70代、中には「私なんか80歳です」という方もいらして、皆さん、それは素敵に踊っていらして、この間なんか発表会までなさったとか。

私たちの世代には懐かしい、ポール・アンカの「ダイアナ」に合わせて、私もステップとも言えないようなステップを踏んで、大汗をかきました。
普段足腰を鍛えることの全くない私、このままでは近いうちに歩けなくなると危惧していたのですが、これで、少し足腰が丈夫になるでしょうか。
今日は太ももやふくらはぎが痛いです。

この頃、私の体形が変わって(つまりお腹周りが太くなってということですが)もう着られなくなってしまった舞台用ドレスを、色々と、お知り合いの歌手の方に差し上げています。

この間は、サントリーブルーローズでご一緒したフルートの山形由美さんに、とても似合いそうな可愛いドレスを貰っていただきました。
ドレスが到着したその日に、すごく気に入って下さって、その日の演奏会に持っていかれたとかで、写真を送ってくださいました。
ブルードレス1ショット.jpg
とてもとてもよく似合っておいでです。
ブルードレス2ショット.jpeg
自分のお古を貰っていただくのは気が引けますが、値段のこととか思い出とかを考えると、とても捨てるには忍びないドレス、歌い手さんや演奏者さんが喜んで着てくださると本当に嬉しいです。
私もいつまで、ドレスなんか着て人前に立てるのでしょう。
寝たきりになるその日が来るまで・・・?
おお、怖い!

posted by riyoko at 15:13| Comment(6) | 日記

2019年12月07日

寒いですね

12月7日(土)
村田孝高です。

毎日今年一番の寒さを更新しています。

今朝は、いつもベランダの前を一人で飛んだり、二羽で飛び回っているカラスが、寒そうに体を寄せ合ってじっとしている姿が見られました。
二羽のからす.jpg
それに比べて、こいつは・・・!
ホットカーペットの上でぬくぬくです。
IMG_2268.jpg
この頃、スイッチの場所を覚え、「入れろ」と催促するようになりました。

先日は、『トムとジェリー』の舞台でご一緒だった、もとピンクレディーの、増田恵子さんのコンサートに行ってきました。
湖月わたるさんや榛葉昌寛さんなど、他の共演者たちも、皆さん見えていました。
ケイさんと.JPG
12月18日のディナーショウの合わせもやりました。
懐かしの映画音楽、理代子さんしか知らない曲もありましたが、とても素敵な仕上がりになっています。
今年は、早くに定員越えになり、お申し込みをお断りしたお客様もあり、申し訳なかったです。

この間の起雲閣でのコンサートで、新しく、私の後援会会員になってくださる方が、何人かありました。
有難うございます!
これからも頑張りますので、よろしくお願いいたします。
posted by riyoko at 14:19| Comment(0) | 日記

2019年12月04日

折角窓掃除をしたのに

12月4日(水)
池田理代子です。

色々なオペラの稽古をしている村田の声で、テレビの音声もよく聞き取れない我が家です。
とくに、『リゴレット』のモンテローネ伯爵は、迫力のある役柄なので、ガンガン耳に響きます。

この間、台風の後の汚れた窓ガラスを全部掃除してくれて晴れ晴れとしていましたが、その翌日には大雨となりました。
気の毒でなりません。

何があっても、一日中こんこんと眠り続けているうちのぷにです。
2019.1.18一緒に寝てくれているぷに.JPG

猫用の耳掃除を買って、耳掃除もしますが、その間も寝たままです。
2019.1.22猫のの屋に掃除.JPG
窓から見える山々も紅葉し、夕焼けの美しい時間に温泉に行ってきました。
誰もいなくて、海と山の景色を独り占めでした。

うちには、お裁縫の得意な秘書の山口さんがいます。
この間も、もう捨てようかしらと思っていた可愛らしいピンクの何でもないブラウスを、こんなに素敵な上着に作り直してくれました。
これを着られる春が今から待たれます。
DSC_2068.JPG
来年の1月1日には、ボランティアで起雲閣に歌いに行くことが決まりました。
着実に熱海市民として定着しつつあります。
しかし、もちろん着実に体も年を取りつつあります。
今月は自分の誕生日月だということも忘れていました。
posted by riyoko at 17:43| Comment(0) | 日記