2020年01月11日

歳を重ねるということ

1月11日(土)
池田理代子です。

新しい国立競技場での、大学ラグビー決勝戦、早稲田が明治を下して優勝しました。
最終わずか一分で、明治がワンゴールを返した執念に、心打たれました。
諦めず可能性を求める若さが羨ましいです。

今年も、近くの多賀神社に初詣に行き、破魔矢を頂いてきました。
私はクリスチャンなのに、こんなことしてていいのかな・・・という迷いは毎年ありますが、まあ、新年の冷気の中家人に付き合って初詣も悪くないかと思います。
2020.1初詣に
社の一部が新しくなっていました。
清々しい心地でした。
2020.1綺麗になった多賀神社
それから、「まさか,もう閉まっているだろう」と半分諦めながら多賀蕎麦へ行ってみたら、滑り込みで何とかラストオーダーに間に合いました。
いつもの蕎麦掻と
2020.1初蕎麦掻
今年の初蕎麦です。
2020.1初蕎麦
それから函南の山の方に上がり、見事な富士山も拝むことが出来ました。
実はこの日、寝坊して、起きたのが午後三時だったというのに、色々な用事を一日で足すことが出来て、もうそれだけで満足な日でした。
段々物欲も何も減って来て、ささやかなこんなことが幸せに感じられます。

嫌なこと、大変なこと、辛いことがあっても、「人生とはそういうもの」と思えるようになりました。
歳を取るというのは、ある意味有り難いことですね。

今住んでいるところを買う時に、ここの温泉がとても体に良くて、車いすだった方が三か月で普通に歩けるようになったとかいうお話を聞いて、買う決心をしたのですが、最近、筋委縮症でお医者様にも見放されていた方が、三年間一生懸命お風呂に浸かって病気が治ったという話を、その方のお知り合いから伺いました。
どんなお薬を使用したのかと、お医者様も不思議がっておられるそうです。
そのお話を伺って、これまで結構さぼりがちだったお風呂に真面目に通うようになりました。

実は、去年までお風呂は夜の十一時半までだったのですが、今年からそれが三十分伸びて十二時まで開いてくれることになり、宵っ張りの私でもとても通いやすくなり助かっています。
東京に出かけた日などでも、これまではタッチの差で間に合わなかったのが、十分ゆっくりとお風呂に行けるようになりました。
やっぱりゆっくりとお湯につかった日はよく眠れ、翌日の体の痛みも軽くなる気がします。

今日は海も穏やかです。

村田は、二月九日の広島でのオペラ『アイーダ』の稽古のために、広島へ発ちました。
二月二日は東京で『リゴレット』の、娘をマントヴァ侯爵に凌辱されたお父さん、一週間後の九日は『アイーダ』のお父さん役です。
漸くお父さん役が板につく年齢になってきました。
「俺って、今月47歳?」と自分で驚いていました。
そうです、47歳です。
私が東京音楽大学に入学して、第二の人生に踏み出した歳です。
posted by riyoko at 17:06| Comment(1) | 日記

2020年01月08日

荒れたお天気になりましたね

1月8日(水)
池田理代子です。

雨が止んだら、突然凄い風が吹いています。
まで用足しに出ようと思っていたのですが、やめにして、家で色々な原稿を書いています。

色々な原稿の一つは、一昨年から手掛けていた、フィンランドの若い作曲家Eetuさんのオペラの台本です。
色々と向こうのディレクターさんなどとの話が進み、二幕を大々的に手直しすることにしました。
現実的に上演が具体的になってきているので、わくわくしています。
Eetu君新聞記事.jpg
来年の夏にヘルシンキで初演となる見込みです。
一人日本人として主役を歌う村田は、上演の一か月くらい前から向こうで稽古に入るとか、話が具体化してきています。
私も、友人たちと一緒に来年の夏はフィンランドに行く予定です。

こちらにある有名な来宮神社で、2月3日に豆まきに参加することになっています。
IMG_0814.jpg
もう七年も前から熱海に庵をお持ちになっている、古いお知り合いの江原啓之さんがお声をかけて下さいました。
江原さんは、今年の四月からは本格的に住まいを熱海に移される予定だとか。
何だかとても心強いです。

うちの下の岩場に去年から座礁していたクルーザーが、漸く撤去されました。
2019.12.25座礁
沢山の人が夜遅くまでカンカンと賑やかに作業していたのですが、きっと、あのクルーザー傷だらけだろうな・・・。
管理事務所の話では、どうやら大島からの帰り道に居眠り運転していたらしいです。海上保安庁の船も出て、結構な騒ぎでした。

明日から、歌のレッスンにも復帰します。

お正月休みに1kgばかり体重が増えたのが、それから4日であっという間にまた1kg減りました。
昨日は七草がゆだけで済ませるつもりでしたが、しっかり食べないと、仕事をする気も歌う気も起きないので、村田の、わらじよりも大きなステーキを何切れかもらって食べました。
posted by riyoko at 17:50| Comment(0) | 日記

2020年01月04日

明けましておめでとうございます

2020年1月4日(土)
池田理代子&村田孝高です。
皆さんはどんなお正月をお迎えになりましたか。

初日の出を撮ろうと、朝六時に起きましたが、あいにくの曇天、雲が厚く、思っていたような日の出は取れませんでした。
その代わり、『天使の階段』と言われるものが撮れました。
これはこれで美しいものです。
2020.1天使の階段A

2020.1天使の階段
元日は、熱海・起雲閣で、ボランティアの初コンサートに参加させて頂き、童謡や唱歌の数々を二人で歌ってまいりました。
お客様は入れ代わり立ち代わり、出入り自由という、フランクなコンサートでした。
伴奏もCDでのカラオケでした。

二日から、お茶の先生をしている友人が泊まりに来てくれて、四日まで、文字通り「食っちゃ寝、時々温泉三昧」というだらけた日々を過ごしました。
お茶もたててもらって、あれこれと話が弾みました。
2020.1御目出とうございますお節頂きます
今年はお節の用意をしなかったのですが、福山のシティオペラ主催の藤井さんからお送りいただいた『おばんざい木村』のご馳走がたっぷりあって、それにイクラやカニなどの海産物を少々買い足し、お屠蘇もいただいて、充実した食生活のお正月でした。
普段は滅多に使わないヘレンドの大皿に、久谷の小皿を載せて、お重代わりにしました。

去年お屠蘇を飲んでいたうちのぷにが、ことしも飲むかなと与えたところ、やっぱりぺろぺろと飲んでいました。
本当に好きなんですね。
2010.1お屠蘇飲んでます

2010.1もう結構です
もう結構ですの合図をし、その後水を飲んで、自分のベッドでくーくー寝て暮らしていました。

佐渡が嶽部屋で力士の方々がついたお餅は、本当に美味しかったです。
さすがでしたね。

ところで池田理代子は、元日の牡蠣雑煮に、何とお餅を入れるのを忘れ、すごくショックを受けています。

今日から二人とも、色々と仕事に復帰しています。
今年は皆様にとって、災害の少ない良い歳となりますよう、お祈り申し上げます。
posted by riyoko at 16:02| Comment(1) | 日記