2020年07月31日

私見ですが

7月31日(金)
村田孝高です。

まだ関東では梅雨がきっぱりと晴れる気配がありません。
湿気と高温で、ダニがかなり繁殖しているみたいで、理代子さんも私もぷにも、かゆくてたまらず、殺虫剤の用意をしました。

テニスの他に、毎日一時間ほど外を歩き始め、二週間がたちました。
マスク、帽子、長袖のウェアと、完全武装して歩いていると、もう汗と暑さで朦朧とします。
もちろん熱中症対策もきちんとしていますが、家に帰ると、まるで大雨の中を歩いてきた位に、上から下まで、ずぶ濡れです。
大浴場は今の時期怖いので(東京から、住人以外の人たちがかなり来ています)、帰ったらすぐ着ているものを脱いで、洗濯機に放り込み、家風呂にドボンと飛び込みます。

歩いていると、道端の花など、色々なものに目が行きます。
自生している百合を見つけました。
2020.7.30散歩道に自生する百合
また、昨日から海水温が上がり赤潮が発生して、遊泳禁止になっています。
赤潮には、夜光虫のような生物がいて、これが、夜になると波の動きにつられ青白い光を発して、素晴らしい眺めです。
岩に当たって波が砕け散ったりすると、その美しさは、言葉に尽くせません。
2020.7.30心のきれいな人には見えるブルーライト
普通のカメラで撮ってもこんなものにしかなりませんが(ようく目を凝らしていただくと、心の美しい人にだけ、かすかな光が見えます(笑)、ベランダに出て、飽きることなく眺めています。

さて、東京の感染、どんどんひどいことになっていますね。
ニュースで見ると、「怖いですね」とか言いながら、それでも出歩いて会食したりしている人が減りません。
私は、最初の頃からずっと、素人として一人叫び続けているのですが、絶対に国民みんなにPCR検査を実施すべきだと思います。
アベノマスクとか、Go toキャンペーンとかに費やす数百億という税金を、医療現場に投入すべきです。
そして、陰性のお墨付きを持っている人のみ、県外に旅行してもいいとか、そんな風に法制度を整えるべきではないでしょうか。

その肝心の法制度を作るべき、臨時国会さえ、開かれていません。
議員全体の1/4の要求があれば、臨時国会を開かねばならないと、憲法で決められているのは知っていますが、それが「いつまで」という規定はないために、政府は都合が悪いとずるずる開かずに、次の通常国会まで知らん顔をし続けるということが、これまでも度々ありました。
このような政府が、今まで一強でのさばり続けてこられたのも、国民の不甲斐なさとしか言いようがありません。

国民が今、何に困って何を求めているか、多分永田町には殆ど伝わっていないのだろうなという感じしかしません。
でなければ、あんな「アベノマスクを再び」、なんていう失笑物の対策が登場するわけがありません。

美味しいしゃぶしゃぶ用の豚肉を頂いたので、暑い季節にも拘らず、しゃぶしゃぶで頂きました。
2020.7.29豚しゃぶ
大汗をかきましたが、本当に美味しかったです。




続きを読む
posted by riyoko at 15:45| Comment(0) | 日記