2020年10月17日

寒いですね

10月17日(土)
池田理代子です。

今日は、この秋一番の寒さだそうです。
寒さで目が覚めました。
外は冷たそうな雨。
この雨の中を、日本オープンゴルフをやっています。
若手の学生たちが上位に来ていて、いよいよ世代交代の感があります。

私も昔はゴルフを少々嗜んでいました。
大学時代(筑波大)、体育の授業でゴルフというのがあって、何にしろスポーツ音痴の私は、止まっている球なら何とかなるのじゃないかと思って、ゴルフを取りました。
女子は私一人だけだったので、先輩方が、それはそれは入れ代わり立ち代わり丁寧に教えてくださいました。
お陰で、社会人になってからコースに出ても、ちょっとばかりましなスコアでした(勿論、レベルは全然違いますが)。
羽佐間道夫さんのゴルフ番組でテレビに出たこともあります。

その後、ハワイでの収録にも声をかけていただきましたが、海外にまで行ってやるほどの根性もなかったので、お断りしてしまいました。

女性実業家の先輩方にも誘っていただき、時々コースに出ていましたが、そういう時に限って、結構いいショットが出てしまったりして、「あんまり上手くなると、友達失うわよ」と耳元でささやかれ、そういう忖度をして生きてきたことがなかった私は、びっくりして、それっきりゴルフはやめてしまいました。

何てことはない、一番の原因は、朝早起きしなくてはならないので、それが辛かっただけとも言えます。

最初の大学でゴルフを取っていた最大のメリットは、後年、音楽大学に入ってから、体育の単位を免除されたことでした!

13日、京都女子大学で、河野裕子短歌賞の選考会が開かれました。
いつもの、マスクにフェイスシールドという完全防備ででかけました。
フェイスマスク.jpg
俵万智さんは、息子さんが学校の寮に入っている関係上、コロナ感染を避けてリモートでの会議参加でした。

私も、色々リモートでの出演など打診されますが、「何もできません」と、すべてお断りしてきましたが、ぼちぼちこれからは覚えなくてはいけないのかな・・・と考え込んだりしています。

自粛生活のいいところは、お化粧も着替えもしなくていいことです。
安穏と楽に暮らしていて、今回初めて、タクシーや新幹線に乗りましたが、驚いたことに切符の買い方ひとつに戸惑ってしまいました。
お化粧の手順さえ戸惑うことばかりでした。
どうも、外を歩くこともなかったので、だいぶ足腰が弱っているような気もしました。
怖がってばかりいないで、少し外に出なくてはいけないのでしょうか。
世界各国で、コロナ感染を恐れて高齢者を閉じ込める政策を取っていますが、そう言った高齢者の認知症や鬱病、足腰の機能低下が問題になっていますね。

すっかり冬の気配ですが、つい先日の中秋の名月の際には、静岡名産安倍川もちで綺麗な月を撮ったことが懐かしいです。
2020.10.1中秋の名月と安倍川もち
posted by riyoko at 15:13| Comment(1) | 日記