2020年10月24日

父を見送って

10月24日(土)
村田孝高です。

長らくご無沙汰をいたしました。
実は、今月の初めに、広島在住の父親が77歳で亡くなりました。
理代子さんとの京都旅行を取りやめにして、すぐに車で実家に駆けつけ、父親を見送る手続きのあれこれを、滞りなく済ませて、熱海に戻って参りました。

仏壇をおく一部屋だけでも、人を通せるように空ける作業に、精根尽き果てました。
何とか空けてみると、まあ、こんなに立派な和室があったんかいな!と、驚かされました。窓の向こうには坪庭までありました。
2020.10.10うちではないけど広島の和室
まだまだ、片付けるべき部屋は沢山あります。

何故か、喪主である兄貴に代わって、弟の私が挨拶をする羽目になり(兄貴は、理系なもので)、葬儀の当日は明け方四時まで原稿書きに追われました。

父親とは何度も会ってくださった皆さんも、また、一度もご存じない皆さんも、次の文章で、私の父親という人を知っていただければ幸甚です。

「幼少の砌よりの父を回顧いたしましたところ、私に浮かんだ言葉は『謎』の一言に尽きてしまいました。
百科事典のような頭脳、カミソリのような切れがあるかと思うと、パンダのように
何もせずボーっと寝っ転がり、漬物石のごとき様を見せます。
人命救助をして、表彰状を頂いたことを自慢したその口で、平気で『死ね!』と言ってみたり、十年間無事故無違反を誇って、そのエンブレムを付けた車で大事故を起こしたり、ズボンをはかず、ステテコのまま出社したり、テレビのリモコンを握りしめ『電話がつながらない!』と、顔を真っ赤にして家族に当たり散らしたり等、奇怪な行動は枚挙にいとまがありません。・・・
しかし、どこへ行っても人の輪を作り、人の話を聞き、その人となりを認め褒めることのできる人でもありました。情に篤く、困っている人に手を差し伸べることを躊躇しませんでした。‥‥故人は、好きなことだけを好きに行うことが出来た、幸せな人間でした。」

こんな父親を、ずっと介護してきた母親には、感謝の言葉以外ありません。
広い家に、羊のように太ったベルギー・シェパードと一人残された母親の手伝いに、これから兄と交代で毎月広島に出かけることになると思います。
まだ色々と残された相続や、四十九日の法要、納骨などがあり、あのまま広島に残っても良かったのですが、12月5日の小田原オペラ『魔笛』の稽古も始まっているので、ひとまずこちらに戻って参りました。
IMG_20201022_0001.jpg
IMG_20201022_0002.jpg
小田原オペラ、感染対策で座席数を減らしている都合もあり、私の方には、10枚ばかりのチケットしかありませんので、この度はチラシを、静岡在住の方だけにお送りしています。
後援会員の皆様には、後援会だよりvol.11もお送りし始めています。
少しずつ、日常を取り戻していかねば。
posted by riyoko at 17:14| Comment(0) | 日記