2020年12月31日

大晦日の衝撃

12月31日(水)
村田孝高です。
上演が決まっていた舞台が、コロナ禍ですべて中止となり、今年は皆様にお目にかかる機会もないままに、一年が暮れようとしています。

12月26日の、小田原オペラ『魔笛』の追加公演が無事に終わり、私の一年も終わろうとしています。
cache_Messagep78631.JPG
大勢、お知り合いが亡くなりました。
羽田雄一郎さんは、オペラが大好きで、私の公演にはいつも、チケットをたくさんお買い求めくださって来てくださいました。
あの人懐こい笑顔が、今も忘れられません。

それから、上皇后さまとお親しい方が、亡くなられました。
いつも私たちのことを気にかけて下さり、何くれとなく手作りのジャムやふりかけなどお送り下さっていました。
背筋がピンと伸びて、気品のあるたたずまいが素敵な方でした。

これからという年齢のテノール歌手も、突然鬼籍に入りました。
寂しい一年で、理代子さんも精神的にかなり参っているみたいで、お正月の支度どころではないみたいです。

私は、理代子さんに書いてもらったメモを片手に買い出しに出かけ、それから大掃除をし、松と千両と、山形特産の啓翁櫻を飾り終え、一息ついたところです。

クリスマスにはまだ、色々と料理の盛り付けをしてテーブルの飾りつけもして、お祝いする元気がありました。
2020.12.24クリスマスイヴ
理代子さんはさすがにもう何もする元気がない様子。
でも、今夜は年越しそばを頂きます。

ほっとしたのもつかの間、今日の東京は、何と1300人越えの感染者だとか。
恐ろしいことです。
医療崩壊が迫ってきています。

posted by riyoko at 16:26| Comment(1) | 日記

2020年12月22日

心も折れそうな年末です

12月22日( 火)
池田理代子です。

取り立ててどこがと言うこともないのに、私も、そして友人たちも、何となく体調がすぐれない日々です。
やはり今年一年のコロナ禍のせいで、相当精神的にストレスが多くなっており、そのストレスからくる体調不良が起きているのではないかと思われます。

この感染症が蔓延しだしてから初めて、ご近所の多賀蕎麦へ行ってみました。
2020.12.17多賀蕎麦
座席数を大幅に減らしてソーシャルディスタンスを取り、検温、消毒などを経て、恐る恐る座席につきます。
他のお客様たちも皆、しーんと縮こまりながらお蕎麦を頂いていました。
食事が終わるとそそくさと席を立ち、逃げるように店を後にしました。
とても怖くて緊張したひと時、やっぱりもうしばらく外に出るのはやめようと思いました。

最近の私的な明るい話題は、マンションの中のフロント階に、新しくインド料理店がオープンしたことです。
2020.12.19やっとマンションにレストランが
オープンの日に行ってみましたが、なかなかのお味で、このお店があるだけでも、飢え死にしなくて済みそうという安堵感が湧いて来ます。
何とかお店が続いてくれることを願っています。

18日の誕生日には、色々な方から温かいお祝いを頂き、毎年ながらそれでようやく自分の誕生日を自覚するという有様です。
そして、恒例の同居人からのバースデイケーキも。
2020.12.18バースデイケーキ
毎年のことなのに、きれいに忘れていて、頼んでおいたケーキを受け取りに出かける村田に「どうして?何の用事があるの?今日じゃないと駄目なの?」などとしつこく質問攻めにし、しまいに「10年以上一緒にいて、そんなに俺が信頼できないのか!」と怒鳴られてしまいました。
勘の鈍い自分をしみじみ反省しました。
きっと来年も同じことをやらかしそうです。

昨日は冬至。
うちでもささやかに、いただいた柚子を湯船に浮かべてお湯につかりました。
一日も早く新型コロナウィルス感染がおさまり、温かい春が来て、のびのびと外を歩ける日が来ますように。








posted by riyoko at 18:39| Comment(2) | 日記

2020年12月15日

遅かったですねー

12月15日(火)
村田孝高です。

やっとGO  TOが全国一時停止になりましたね。
総理も、色々な業界へのしがらみなどから、国民の健康や、医療従事者の都合だけで、すんなり物事を決められない事情などもそれとなく聴いてはいたのですが・・・。

せめてあと一か月早く決断されていたら、国民はもう少しましな暮れと正月を迎えられたかもしれないのに。

旅行業界、飲食業界などの方々は、大変だとは思いますが、我々フリーの舞台人などは、この9か月ほど、一切補助金などなしで頑張っているので、何とか頑張って下さるよう応援しています。

この間ニュース番組で、お知り合いが経営されている飲食店が取材されていて、苦しい中、何とか続けておられる様子がわかり、嬉しかったです。
『バルットリア兄弟』というお店です。
2018.6.19バルットリア兄弟で.JPG

2018.6.19石田さんのお店.JPG
ところで、もうすぐガソリン車は販売禁止になるとか。
それはそれで、多分環境にはすごく良いことなのでしょうが、我々国民に電気自動車や水素自動車を勧める前に、議員の方々や公用車などからまず転換してみてもらえませんかね。
そうすれば、インフラの問題点などもつぶさに分かってもらえるでしょう。
国民が乗り換えるのは、インフラが整ってからのことではないか、それが順序というものではないかと思います。

急に寒くなりました。
熱海の朝の海が美しいです。
2020.12.13朝の海
今年はインフルエンザの罹患率が著しく少ないそうですが、それでもこの上風邪などひかれぬよう、気を付けてお過ごしください。
posted by riyoko at 18:25| Comment(4) | 日記

2020年12月08日

久しぶりの外出です

12月8日(火)
池田理代子です。

ずーっと閉じ籠っていた私ですが、先日は本当に久しぶりに長時間の外出をいたしました。
何と言っても村田孝高が今年のコロナ騒動が始まって以来9か月ぶりに、舞台で歌うのです。
不織布マスクの上に更に布製マスクもして、しっかり手袋もはめて、本当はこの上にフェイスシールドもしたかったのですが、うっかり家に忘れてきてしまいました。

久しぶりに聴く生のオーケストラと生の歌声!
涙の出るような感動でした。
IMG_3101.JPG
夜の女王をなさった美しい斎藤園子さんは、何と私の音大の後輩で、私が初めて東京音大オケと『第九』のソロを歌ったとき、後ろで合唱に出ていらしたとのことで、恥ずかしかったです。

小田原オペラ代表の飯田裕之さんとも、本当にお久しぶりで、思わず涙ぐんでしまいました。客席には、いつも来てくださる後援会の方たちを始め、懐かしい面々がありました。
かつてはこんな日々が日常だったのに・・・と、胸が締め付けられるような思いでした。とはいえ、やっぱりコロナ感染は怖く、もうしばらくこんな風には出て歩かないぞ!と固く心に決めました。

舞台の撤収を待って、村田と二人、小田原ヒルトンホテルで食事をしました。
勿論バイキングではない方の、全然人のいないレストランを選んで入りました。
売店も空いていたので、その日入ったギャラで、素敵な赤いニットコートを買ってもらいました。
ホテルはもうすっかりクリスマス仕様で、きらきらしていて、久々のこんな場所に、何だかのぼせて血圧が上がりそうでした。
2020.12.5ヒルトン

2020.12.5ジオラマ

2020.12.5サンタ
自宅使用のためのクリスマスリースも買い求め、家のドアも漸く12月らしくなりました。
2020.12.5クリスマスリース
これからの年末年始が、コロナ感染の正念場かと思います。
医療従事者の方々のご苦労に、胸がつぶれそうな思いですが、私達が出歩かないことが医療従事者の方へのせめてもの支援の一端だと思い、また再び巣籠もり生活に入ろうと思います。

そうそう、この度ベルばらのマリー・アントワネット様が、JTのコマーシャルに出ています。
IMG_3100.PNG
何と、あのゴルゴ様とのコラボです。
面白いです。
posted by riyoko at 23:46| Comment(0) | 日記