2021年03月25日

運動音痴のわたしですが

3月26日(木)
池田理代子です。

熱海の山々は、山桜が満開であさ緑と色とりどりに、それは美しい季節となりました。
緊急事態宣言が停止されて、駅前の人出はなかなかのものがあります。
私のような高齢者は、どうしても出なければならない用事以外は、閉じ籠って暮らすしか身を守る術がありませんが、もう自粛生活を始めて丸一年が過ぎました。
かなり足腰が弱って来て、このままでは早晩、車いすのご厄介になるのでは…と心配になり、定期的な運動を始めることにしました。

とにかく座って仕事をしている以外は、たまに山に登り、あとは座って映画を見ているか、座って本を読んでいるか座って音楽を聴いているかという50年でした。
映画は、当時はやったLDはほぼ買って、一日に三本くらい見ていたこともあります。
そのご縁もあり、今でも、映画の試写会のご案内や、或いは、映画そのものの宣伝用のコメントを頼まれることも多いです。
先日コメントをお願いされた『水を抱く女』と『ローズ・メイカー』、とても良かったです。
IMG_20210219_0002.jpg

IMG_20210325_0001.jpg

映画館に行かれたら、たまにはポスターやチラシに、私のコメントが載っているかも、ですので、探してみてくださいね。

さて、運動不足対策で、村田が入っている小田原ヒルトンのテニスクラブに、ついに私も入学を決めました。
とても教え方がお上手だという評判の先生の、プライベートレッスンの予約が取れたので、車で連れて行ってもらいました。
テニスシューズから靴下まで、彼が用意してくれて、新緑と山桜の美しい山の中をホテルに向かいました。

実は私、とんでもない運動音痴で、自慢ではありませんがかけっこではビリ以外とったことはありません。
まずラケットにボールが当たるのか心配でしたが、さすがにそこは教え方がお上手と評判の先生のこと、ちゃんとボールが当たるように教えて下さり、最終的には、十回以上のラリーができるまでにして下さいました。

50年以上も座りきりで仕事をしてきて、足腰がすっかり弱っていますが、まだこれからでも、認知症予防のためにも、定期的にテニスを続けたいと思っています。

村田の母は、昔、朝日レディースの県代表として試合にも出たことがあるくらいのスポーツウーマンです。
先生によれば、朝日レディースというのは、高校野球で言えば「甲子園」くらいな
格の高い試合だったそうで、74歳を越えた今でも、とても村田もかなわないほどの実力だそうです。
しかも、指導者の資格も持っていて、今度から広島に行くときにはシューズとラケットを持って行って、レッスンしてもらおうと思います。

今日はまだ、全身筋肉痛で、トホホな生活です。

posted by riyoko at 13:58| Comment(0) | 日記

2021年03月19日

優れたオペラ歌手の条件は

3月19日(金)
村田孝高です。
2月は広島、3月は東京といわきでの公演と、家を空けることが続き、やっと久々に家のバルコニーから海を眺めています。
2021.3.12オーチャードホールにて
パヴァロッティだったかと思いますが、優れたオペラ歌手の条件は、「旅が上手であること」と言われましたが、私はまだまだだと思います。

いわきでは、地元のクラシック好きの方々が大変親切にご尽力くださいました。
いわきで財団を立ち上げていらっしゃるイタリア人の方から、イタリア語の歌が上手いと褒めて頂き、感激でした。
2021.3.14いわき出演者と

2021.3.10小金井
高名なピアニストの岡崎ゆみさんも、心やすくショパンを皆さんのために演奏してくださり、大変充実したコンサートになったと思います。
イタリア歌曲、イタリアオペラの三重唱、カンツォーネ、日本語の歌と、バラエティに富んだ歌を歌いましたが、こういう時期でもあり、「翼をください」が大変好評をいただきました。
2021.3.14いわきの舞台

2021.3.14榛葉さんと
しばらく休んで、月末には、広島の母親の様子を見に行くつもりです。

ぷにが、私にばかりなつくと、理代子さんが少し妬いています。

ところで東京で桜の開花宣言がされましたが、熱海では、既に桜はとっくに終わりました。
観光客の多さに、ひたすら驚いています。

posted by riyoko at 02:17| Comment(0) | 日記

2021年03月14日

コロナのせいで

3月14日(日)
池田理代子です。
大相撲が今日から始まりましたね!

村田孝高のコンサート、小金井、渋谷オーチャードホール、いわき市がすべて無事に終わりました。
IMG_20210314_0001.jpg


2021.3.12オーチャードホールの様子

村田は10日の東京での合わせから始まって、三日間のセルリアンホテルでの宿泊、いわきへ移動しての宿泊、そして本日いわきでのコンサートを終えて、小田原ヒルトンに宿泊して明日東京でPCR検査を受け、さらに一泊してから結果を聞いて、明後日に帰宅と、なかなか、帰ってくるまでに時間がかかります。
すべてコロナのせいです。

私は12日のオーチャードでのコンサートを聞きに行きましたが、マスクの上にフェイスシールドで、来てくださった皆さんともほとんどお喋りできず、頭を下げてお礼を言うだけで失礼しました。
受付スタッフの方々もピリピリしていて、家族でもなかなか面会できず、出演者で写真撮影しているところへ行っても、「中に入らないで!」と制止され、遠くから村田の姿を撮影しました。
2021031221140000.jpg
私の姿に気がついた主催者の榛葉さんが、「先生、中に入って!」と呼んでくださり、漸く面会が叶いました。


村田が『トムとジェリー』の舞台でご一緒した、もとピンクレディーの増田恵子さんから、素敵なお花を頂いていて、私が根性で、大雨の中、家まで一人で持って帰りました。
増田さんからのお花.jpg
ところで先日、マリー・アントワネットの紅茶で有名なNINA'sの社長から、素敵なフレーバーのトリュフチョコレートをどっさり頂きました。
2021.3.8にナスのチョコ
ベルサイユ宮の王の菜園から採れた、バラとアップルのフレーバーが、チョコの後からほのかに立ち上ってきます。
アントワネットがこよなく愛したフレーバーだそうです。
日頃お世話になっている皆様にもお分けしましたが、味にうるさい妹から、「もう一缶送ってよ」と催促されたくらいの美味しさです。

私は12日のオーチャードの後に、渋谷で一泊だけして翌日帰ったのですが、ぷにはひどく不機嫌で、帰ったその日一日つんけんされました。

しかし澁谷は凄い人出で、恐ろしくなるくらいでした。
こんな中、皆さんにチケットを買って来て頂くのも申し訳ないくらいでした。
皆さま、本当に有難うございました。


posted by riyoko at 20:54| Comment(0) | 日記

2021年03月03日

断捨離してきた私が

3月3日(水)
池田理代子です。

今日はお雛祭りの日ですね。
子供の頃の、親が揃えてくれた立派な段飾りを思い出します。
大人になって独立して、自分で買ったお雛様も、この熱海に来るまでに、処分してしまいました。
持っていた夥しい着物も、注文して作って頂いたタンスも、すべてすっぱりと断捨離しました。

何と言っても一番沢山処分したのは、夥しくあった本や資料の数々です。

思い出も知識もすべて、頭の中、心の中に残して生きて行こうと決めましたが、
先日、十数年使ってきた電気釜がどうしても調子が悪くなって、ご飯も炊けてお料理も作れる電気圧力釜に買い換えました。
2021.2.3圧力釜
まだまだとても使いこなすには至っていませんが、お肉と一緒にお野菜が沢山調理できるので、重宝しています。
見た目はともかく、お味の方は最高です。
これから少しお料理をする気力も湧いてきました。

昨日のひどい雨と風の天気に打って変わって、今日は温かく、海がきれいです。
2021.2.3美しい海
マイクロプラスチックや地球温暖化など、環境問題に、世界中の子供たちが声をあげています。
グレタさんの演説を、あのトランプ大統領はせせら笑いましたが、この間フィリピンでマイクロプラスチック問題を訴えている12歳の少女たちが叫んでいた言葉に、胸がえぐられるような衝撃を受けました。
「私たち子どもは、世界の人口の25%に過ぎないけど、未来のすべてなのです」

どんな言葉より私の胸に突き刺さった言葉です。
何という力のある言葉でしょうか。
本当に、これからを生きる子どもたちこそ、「未来のすべて」です。
さっさと地球から去りゆく大人たちが、無責任に地球を汚していいはずはないし、
幼い彼らの言葉を聞き流していいはずがありません。
ましてやあの大統領のように、せせら笑っていいはずがありません。

マイクロプラスチックが、これから生まれてくる人間の胎児に悪い影響を与えるという科学的実証がされた時こそ、人間は、自分たちの作り出したものによって自分たちを滅ぼしていくのだと理解するのでしょうか。


posted by riyoko at 14:22| Comment(0) | 日記