2021年04月22日

どんどん増えていますね

4月22日(木)
池田理代子です。

気持ちの良い気候になってきましたが、東京をはじめとした大都市圏は、どんどんコロナ患者が増えていますね。
静岡県でも、毎日24〜25人の新規感染者が出ています。

先日、沼津での銀行の用事が、三回目にしてようやく片付きました。
一回目はハンコを忘れて、二回目はマイナンバーカードを忘れて。
本当につくづく歳を感じます。
沼津の人通りのない繁華街で、こんなお店を見つけました。
2021.4.17沼津の街のベサイユノバル
「ベルサイユのバル」ですって。

それから、お腹がすいて飛び込んだ誰もお客様のいない軽食店の女将さんのお孫さんが、今年、宝塚音楽学校を卒業して、いよいよ六月から舞台に立たれるとかで、またびっくり。
どこにご縁が転がっているか分かりませんね。
こんな時期ですが、希望を持って頑張っていただきたいと思いました。

ところで、東京オリンピックはどうなるのでしょうか。
実は、オリンピックのためにポスターを書いてほしいというオファーを受けましたが、私は、このような時期にオリンピックを開催することに反対なので、お断りしました。
一生懸命頑張っていらっしゃるアスリートの方々には本当に気の毒な気がしますが、いつまでも方向性を出さない政府のやり方に、一番怒りを覚えています。

決断が苦手な政府、忖度ばかりしてそのために文書の改ざんもいとわない官僚、ふたを開けてみるとこれほどにもIT後進国だった日本、頑張っているアスリートや医療従事者の苦悩と過重労働に思いを致さず路上飲みを辞めない若い人、基礎研究に予算を割かないために、自前のワクチンさえ作れない日本・・・日本て結局こんな国だったのですね。

東京のコロナ感染が再び増えてきている現在、皆様にご案内するのもはばかられてしまうのですが、5月22日(土)14:00から、東京の南大塚ホールにて、村田も出演するこのようなコンサートがあります。
IMG_20210422_0001.jpg
入場無料ですが、事前予約が必要になります。
070-4008-1928まで。
ちなみに、日本人が愛してやまないソメイヨシノは、豊島区で生まれたそうです。

posted by riyoko at 16:56| Comment(0) | 日記

2021年04月08日

花が咲きました

4月8日(木)
池田理代子です。

昨年、スーパーで気に入って買ったスパティフィラムの小さな鉢、
IMG_2795.jpg
何の手入れもしないで、花も皆終わって、ひたすら巨大化していたものが、先日から何と一輪白い花がつきました。
2021.4.7大きくなったスパティフィラム
折角なので、肥料など上げてみたりしようかと思っています。

先日、銀行に行く用事があって沼津まで車で送ってもらいました。
熱海には、私の取引先の都市銀行はないのです。
そうしたら、身分証明のカードを忘れた私のミスで、数分の差で銀行が閉まってしまい、結局遅いお昼ごはんを食べて、村田の御用達の「フォーエル」というお店でスポーツ用の衣類を買って、また熱海へ戻ってきました。

沼津には「学園通り」というのがあって、やたらとスポーツが盛んな高校が軒を連ねています。
そこに一校、聞き覚えのある高校が。
飛龍高校と言いますが、そうだ、あの翠富士の出身校でした!
20214.7沼津飛竜高校
とにかく相撲部の活躍が目覚ましく、高校横綱も輩出したらしいです。
だから向かいに「フォーエル」があるのね・・・と、勝手に納得しました。

私のサイズは2L、村田は4Lか5Lですが、店内には10Lなどと言う巨大なシャツもあって、その威圧感というか存在感は、それはそれは立派なものでした。

35年ほど前に出した『フランス革命の女たち』の改訂版が、この夏に出版の予定で、色々と直したり書き足したりしています。

歴史的なことは35年が経ってもあまり変わりようがありませんが、しかし、日本における女性の社会進出の方も、あまり変わっていなくて、特にこのようなコロナ禍では、女性から厳しい環境に追いやられて行くのが無念な思いです。



posted by riyoko at 17:24| Comment(0) | 日記

2021年04月02日

早くも四月ですね

4月2日(金)
村田孝高です。

海や山々が霞んでいます。
風情のある春霞ではなくて、花粉か黄砂の仕業です。
洗っても洗っても、すぐにちりが積もったようになってしまう車で、それが分かります。

熱海の桜は終わったと書きましたが、また種類の違う桜が咲きだし、山桜にソメイ吉野、おかめさくら、それに花桃や菜の花と、まさに春爛漫の風情です。
特に山の方は見事で、毎週、小田原ヒルトンのテニスクラブに通う道は、それは見事で見ごたえがあります。
2021.4.1小田原の桜
外へ出るのが苦手の理代子さんも、ヒルトンまでの山道を車で走るのが楽しみで、「幸せ!」を連発しています。

テニスの方も、とにかくボールがラケットに当たるのと、ネットを超えることにひたすら満足で、まあ、コーチが当たるようにしてくださっているのですが、体が動く限り続けたいそうです。
コートも、とても気に入っているようです。
2021.4.1ヒルトンの桜

2021.4.1テニスコート
五月には、期待の若手作曲家ナンバーワンと呼び声の高い、薮田翔一さんの作詞作曲による『ソメイヨシノの庭』のコンサートがあり、私も歌わせて頂きます。
それにつけても、一向に収まる気配のないコロナ禍は気になるところです。

今日、窓から、山藤の花が咲いているのに気がつきました。


posted by riyoko at 17:36| Comment(0) | 日記