2022年02月02日

奈良の続き

2月2日(水)
池田理代子です。

奈良・斑鳩の続きです。
ホテルをチェックアウトして、暫く奈良公園を散策、子供の頃によく連れて行ってもらった東大寺などを訪ねてみました。

小さい子供だった頃にも不思議と怖いという印象より、その芸術性と迫力に圧倒された仁王門の、運慶・快慶の作品に、やはり今度も見とれました。
IMG-3895.jpg


IMG-3893.jpg
鹿の親子に出会いました。
お母さんは、子供のために私が何か食べ物を持っていないか探索に来て、コートをカプ!
IMG-3897.jpg

IMG-3898.jpg
違いますよ、これは食べ物ではありませんよ。

その後法隆寺に向かい、平田先生と合流しました。
幾たびかの焼失に耐えて、少しずつ位置を変えたりしながら千年以上の歴史を刻んできた法隆寺には、やはり聖徳太子の息遣いが今も感じられるようです。
聖徳太子の黒駒を曳く調子丸の像がありました。
IMG-3915.jpg
大掛かりな展覧会が東京でも行われた、国宝の数々も、平田先生の懇切丁寧なご説明で鑑賞することが出来、本当に幸運でした。
IMG-3910.jpg
壁画と共に焼け落ちた金堂をそのままの姿で今も保存している収蔵庫。

年に一回、この焼失の日である一月二十六日には、防火訓練が行われるそうです。
唯一無二の芸術品を一朝にして失った痛恨や悲しみを忘れないために、焼けた匂いさえそのままに伺えるような状態で保存しているという収蔵庫です。

平田先生は、今もなお斑鳩の発掘調査を続けておられますが、大変興味深かったのは、たとえ掘ったところから正しく遺跡が出てきたとしても、すべては掘り起こしてしまわないということ。
後に続く若い学者たちのためと、それから、時間が経てば新しい鑑定技術も開発されるかもしれないということを考えて、幾分かを残しておかれるのだとか。

二時間半を、ずっと歩き続けて、色々とご説明を受けながら仏様に対峙しました。
斑鳩は、マンホールまでこのように素敵です。
IMG-3916.jpg
熱海に帰り着いてから、村田は『こうもり』の舞台に入りました。
私は29日、30日と二日間通って、皆様にご挨拶させて頂きました。

いつもおいで下さるレディと一緒に。
2022013015110000.jpg
オペレッタ協会の田代誠先生と、劇団NLTのトップの川端先生と一緒に。
2022012915070000.jpg


2022012915070001.jpg
思えば、田代先生にお誘いを受けてロザリンデを演じさせて頂いたのが、村田との初めての出会いでした。
その後も、『メリー・ウィドウ』のハンナにお誘いいただいたり、まだ少し若くて、その分未熟でしたが体力もあったころの懐かしい思い出です。

posted by riyoko at 22:04| Comment(1) | 日記