2022年04月13日

チューリップが咲き揃いました

4月13日(水)
池田理代子です。

マンションの玄関前のチューリップがきれいに咲き揃いました。
チーリップ.jpg
お向かいの網代では、季節外れの花火大会もありました。
IMG_0808.jpg
このマンションはもともとホテルで、黒川紀章さんの建築なのですが、先日、元文化庁長官の近藤誠一さんのKサロンで、なんと、その黒川さんのお嬢さんにお会いしました。
「父の作品なのに、まだ一度も見ていないんです」とのことで、今度写真を撮ってお送りすることになっています。

さて、15日のコンサートの準備も着々と進んでいるようで、昨日も東京での合わせから遅く帰ってきました。
共演の岩崎愛さんのハーフのお嬢さんが、とても活発で、私が行った時も、一緒に絵を描いたりお話したり、くるくるとダンスをしたりと、皆さんが歌っている間子守などさせていただいたのですが、昨日は、村田が待機中に、膝の上でバランスダンスをしたりよじ登ってきたり、腕にぶら下がったりと、ずいぶんなついてもらったようです。
サロンコンサート練習二.jpg
泰子さんと村田と彼女と、たまたま青系の服だったので、偽家族という写真も撮ってくれました。
偽家族.jpg
小さい子って、動き回っていたかと思うと突然電池切れを起こして、パタッと動かなくなってしまうのが、とても面白かったです。

さて私は、このコロナ禍の二年間というもの、全然歌のレッスンもせず、もうこのまま歌をやめてしまう潮時かな・・・と思っていたのですが、先日偶然にあるコンサート会場でばったりと高橋淳さんにお会いして、そのことをお話したら、「大きな声を出すオペラアリアを歌おうなどと思わずに、その時々の年齢にあった歌を歌っていけばいいんですよ」と言っていただきました。
そういえば、私は昔からバロックの古い曲が好きだったので、これから少しバロックやルネサンスの歌曲を中心に勉強しようと思い直しました。

いつか、バロックの歌を古楽器などと一緒にコンサートを開ければいいな・・・と願っています。
その時にはどうか「婆あの歌なんて」など思わずに、聴きにいらしてくださいね。


posted by riyoko at 17:13| Comment(0) | 日記