2017年05月08日

2017年2月4日(土)新国立中劇場オペラ『ベルファゴール』

2017年2月4日(土)
初台の新国立中劇場におけるレスピーギのオペラ『ベルファゴール』(日本初演)の舞台です。
タイトルロールの悪魔ベルファゴール役を歌わせていただきました。
イメージ 1

殆ど出ずっぱりで、言葉も多く、衣装も立派な分大汗もかき、大変な役でしたが、私にとっては本当に良い勉強になりました。
イメージ 2

稽古では、マントのさばき方なども褒めて頂きましたが、何を隠そうこれは、宝塚の『ベルサイユのばら』での男役さんの動きを見させて頂いて研究したものです。
コンサート歌手でなく、オペラ歌手という職業をやる者にとっては、日常的に他の人の仕草や動き、ダンスやミュージカルなど他の舞台など、どんなことでも勉強になるものです。
私の場合、よく共演者から「ダンスをやっていたの?」と聞かれますが、そう見えるとしたらそれは、三歳の頃から空手をやっていた賜物だと思います。
稽古に通わせてくれた親に感謝です。
イメージ 3

一番言葉の多かった婚礼のシーンのアリアを、今度の紀尾井ホールでのリサイタルでは是非歌おうと思っています。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6





posted by riyoko at 21:43| Comment(0) | 舞台写真アルバム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。