2018年08月02日

2018年8月の日記

8月30日(木)
池田理代子です。

今日は久々に美しく澄み切ったエメラルド色の海です。
もうほとんどの子供たちの姿は見えなくなりましたが、恐らくスクールなのでしょうか、シーカヤックとダイビングの人たちが何人か、まだ前の海に姿を現します。

先日の曇りの日に、何か大きな魚だまりがあったらしく、夥しい数のカモメたちが集まってきていました。
こちらに越してきてからも初めてみるほどの大きな塊でした。
イメージ 25

久々に多賀そばで朝ご飯兼お昼を頂きました。
そろそろ温かいお蕎麦にしようかなという気分になるほど、風に涼しさがあります。
イメージ 26


昨日は、9月2日のオペラ『ナブッコ』の後の懇親会の打ち合わせのために、久々に東京に出ました。
森家さんにも付き合ってもらって、お料理や飲み物、テーブルの並べ方などの最終打ち合わせをしてまいりました。
お料理はカジュアルですが、久々に皆さんにお目にかかれるのがとても楽しみです・

イメージ 27

相変わらず両手に振り分け荷物の森家さんですが、荷物自体はこの頃だいぶ軽くなってきたそうです。
かつて新宿区民センターと言えば、歌舞伎町などの傍を通っていかねばならず、なかなか歩く勇気の出ない場所でしたが、すぐ傍に地下鉄の『東新宿駅』ができたお陰で、周囲の雰囲気が見違えるようにきれいになり、アクセスも便利になりました。
イメージ 28

区民センターの建物自体も、そのお陰で輝いて見えます。
イメージ 29

夕飯を一緒に頂いて、温泉に間に合う時間に熱海に帰ることが出来ました。
かも熱海駅からまだバスのある時刻でした。







8月27日(月)
村田孝高です。

昨日は、ヴェルディのオペラ『ナブッコ』のオーケストラ合わせでした。
ちょっとここのところ新国立中劇場の『ルイーズ』の練習もあったので、歌い過ぎていたのか、自分で思っているような声が出ない個所もあり、今日からまた何か所かを修正せねばなりません。
風もなく穏やかな晴天の日に、のんびりしている猫が、うらやましくなったりします。
イメージ 22

理代子さんが、「昔なつかしナポリタン」を山のように作ってくれました。
いつもは、イタリア人と結婚した古い友人から直伝のトマトソースなのですが、この久々の「日本風」ケチャップ味のナポリタン、めちゃめちゃ美味しかったです。
うちは二人して麺食い、特に、スパゲティだったら、二人で500gくらい平気で食べます。
で、500gゆでたこのナポリタン、堪能しました。
イメージ 23

山の中のパンと雑貨の店で見つけた、薄いお洒落な硝子のバター入れを、理代子さんが割ってしまったので、新しく買いに行きました。
今度は、結構厚手のキャンディー入れ(もしくはコットン入れ?)だと思うのですが、厚手なのでそう簡単には割れないでしょう。
ていうか、割るなよ!!
イメージ 24

いよいよ今度の日曜日は新宿文化会館大ホールでの本番です。
オペラの開演が14:00ではなく、13:30ですので、どうぞお間違えなく。
終演後16:30から予定している二階レストラン『モア』での後援会懇親会も、予想以上に70人を超えるお申し込みを頂きました。
本当に有難うございます。
皆さんにお会いできるのを、心から楽しみにしています。





8月23日(木)
池田理代子です。

台風20号が近づいてきて、海がかなり激しく波立っています。
つい先日の台風では、熱海の被害は、映像があったものだけしか報道されていなかったようで、実は海沿いのホテルやら下水道処理場やら、知られているよりかなりな被害があったようでした。
これから、台風の進路が恒常的に変化していくのでしょうか。
そういえば、海の中も、フグが北上していたりと色々と変化があるようですね。

先日の網代の花火の日に友人が泊まりに来てくれた頃は、こんな美しく穏やかな風景だったのに。
イメージ 20

あれから、熱海では19日に花火大会があり、何と、24日にも31日にも花火大会をやるそうです。
花火の、腹に響く爆音が轟く度に、ぷにちゃんは怯えて目を真ん丸にし、しがみついてきます。
暫く、ベランダで海を眺めながら朝食を頂くような穏やかな日々が続いていたのに、今年の台風は本当に嫌です。
イメージ 21

それでも、まだリゾート客で市内もこのマンションも賑わっていますし、駅までの道も混みあっています。
熱海高校ヨット部も、こんな波にもかかわらずヨットを出して連日訓練に励んでいます。

9月の3日から5日の三日間、NHKプレミアムにて、この間収録した番組が放送されます。
3日・・・「夢の聖地へ ナポリ 響け!幻の美声〜岡本知高〜」
4日・・・「世界は歌う 世界は踊る  アルプスに響くヨーデル」
5日・・・「あの歌声を再び テノール歌手べー・チェチョルの挑戦」
いずれも9:00からの放送です。

夕方から夜にかけて、早くも虫の大合唱で、「すだく」などという表現より、耳を聾するばかりの賑やかさです。
夜になると集まってくる小さな虫たちを狙ってか、カマキリが何匹か網戸にしがみついています。
なるほど「かまきりレストラン」ですね。





8月21日(火)
村田孝高です。

いよいよ本番が迫ったオペラ『ナブッコ』の稽古に追われています。
同時に9月23日の新国立中劇場でのフランス語オペラ『ルイーズ』の譜読みにも励んでいます。

台風の爪痕のせいもあるでしょうが、七月八月の熱海は、やはりリゾート地なのだということを思い知らされています。
駅まで行こうにも、道路が渋滞していて車が全く動きません。
熱海を大回りしてやっと抜けても、その先の東名高速が大渋滞で、東京まで往復するのは至難の業です。
お盆の期間中、何回か稽古が取りになりました。

先日は、私の後援会理事をしてくださっている方から、立派なスイカをお送りいただきました。
イメージ 12

ちょうどその日は向かいの網代の花火の日で、理代子さんの友人が泊まりに見えたので、食後はスイカパーティと相成りました。
イメージ 13
イメージ 14


今年初めてのスイカ、ものすごい大きさの一切れを頂きました。
いやー、堪能しました。

網代の花火は、開始前に対岸に一斉に篝火がともされて、幻想的な光景でした。
イメージ 15
イメージ 16


この三日前には、やはり対岸の多賀の花火があり、そして、この三日後には熱海の花火と、ここのところ花火尽くしです。


うちのベランダの下には、百日紅の花が咲き続けています。
イメージ 17

反対側の寝室の窓からは、何か赤い樹の花が。
先日理代子さんがアップした写真を見て、「あれじゃ何が何だかさっぱりわからない。よくあんな写真載せるわね」と泊りに来られた友人が笑っていました。
少しマシに撮れたのもあるので、何の花か分かったら教えてください。
イメージ 18

ぷにも一緒に観戦した甲子園が終わりました。
県外から勝てそうな選手をお金をかけて集めている強豪チームが多い中、全員が秋田県出身の、しかも公立高校の金足農業の健闘には、日本中が沸いたことでしょう。
ここの校歌の歌詞も、格調のある素晴らしいものです。

「霜しろく 土こそ凍れ
見よ 草の芽に 日のめぐみ
農はこれ たぐひなき愛
日輪の たぐひなき愛」

そうだ、「農」こそが、本来国の基本だったのに。
「農」をないがしろにする国は、いずれ滅ぶぞ、などと言い合っています。
今後の金足農業の生徒たちを、ずっと応援したいです。

下の海に繋留してあったシーカヤックも姿を消し、そろそろ夏が行きそうです。
イメージ 19







8月14日(火)
池田理代子です。

立秋が過ぎて、こころなし風に涼しさが感じられるようになりました。
せみ時雨が激しくなり、俄かにトンボの数が増えました。
大群をなして窓の外、ベランダの外を飛び交い、ぷにちゃんもちょっと驚いています。
こんな異常気象でも、ちゃんと自然は季節を忘れずめぐっているのかと、ちょっと感動しています。
窓の外に何か分かりませんが赤い花が満開です。
写真が下手ですみません。
イメージ 8


とはいえ私はこの低気圧にやられ、背中と腰の痛みが増してほとんど寝たきり老人みたいな暮らしです。
まあ、大半の原因は甲子園の高校野球にあるのですけどね。

夏休みのこととて、めっきり家族連れが増え、プールも磯も子供たちの声で賑わっています。
村田の古い音楽仲間で、私も以前オペレッタを共演させて頂いたことのある人が、ご主人とお子さんを連れてうちのゲストルームに泊まりに来ています。
ちょうど彼らが来た翌日が、すぐ近くの多賀の花火大会でした。
16日には真向いの網代の花火大会で、今度は私の友人が泊まりに来ます。
12畳ほどの狭いワンルームに、キッチンとシャワールームとトイレが付いただけのツインベッドルームなのですが、一応冷蔵庫もテレビも椅子とテーブルもクローゼットや食器戸棚も揃えていて、私自身がお客様の来訪を楽しみにしているのです。
大温泉のある階には、キッズルームのほかに卓球室やカラオケルーム、図書室、麻雀ルーム、パントリー、ランドリー、トレーニングジムなども完備しているので、飽きることはない感じです。
それに、飲み物の自働販売機の他にたこ焼きや焼きそば、ホットドッグ、焼きおにぎり、唐揚げといった軽食の自働販売機もあるので、子供たちには大人気みたいです。

村田が、久しぶりに東京にオペラ二本の稽古に出かけました。
この間の台風で熱海ビーチラインが通行止めになっているうえ、お盆の帰省ラッシュで新幹線も満席、東名高速も渋滞だとかで、朝早くから、慣れない山道を遠回りして車で出かけたみたいです。
私は寝ていて、出かけたことに気が付きませんでした。

お知らせの欄にアップしてありますが、後援会だよりvol.7が出来上がってきたので、皆様には少しずつ9月23日の新国立中劇場でのオペラ『ルイーズ』のご案内と共にお送りしています。
お手元に届きましたら是非読んでやってください。
村田孝高後援会へのご入会は随時受け付けていますので、まだご入会されていらっしゃらない皆様もぜひどうぞ。
イメージ 9
イメージ 10


ぷにちゃんは相変わらず、動き始めたアンティークの時計の振り子と時を告げるきれいな音に興味津々で、ずっと時計を見上げています。
イメージ 11





8月8日(水)
村田孝高です。

うわあああああー!!
またもや台風です。
部屋の前の海が大荒れになってきて、まるで難破船に乗っているようです。
一緒に見ていて理代子さんは、船酔いみたいで気持ち悪いと言って、早々に部屋に入りました。

前回の台風で熱海ビーチラインが通行止めになっていて、車で東京に通うには、まるでちょっとしたドライブ旅行を覚悟しないといけません。

先日は、俳優辰巳琢朗さんの還暦祝いのパーティに招待されて行ってまいりました。
お嬢さんの辰巳真理恵さんとは、先日『フィガロの結婚』でフィガロとスザンナをやらせて頂いたばかりです。
この日は550人ほどのお客さんで、ひしめき合っていました。
辰巳琢朗さんらしい、一味も二味も違う料理が供されました。
イメージ 5


真理恵さんも、お祝いに歌を披露されました。
イメージ 6

イメージ 7


普段ご無沙汰している方々と、久々にお会いしてご挨拶ができたのも、辰巳さんの幅広い交友関係のお陰です。

帰りは、なんと、大雨のために新幹線が新横浜=熱海間でストップしていて、何とか動き出すまでにだいぶかかりました。
家に帰りついたのは12時過ぎでした。
というか、帰れてよかったです。




2018年8月2日(木)
池田理代子です。

八月になりましたね。
こちらに越してきて、すでに丸々9か月が過ぎてしまいました。
いつもならもっと夏休みの子供たちのはしゃぎまわる声が聞こえそうなものですが、さすがにこの暑さでは、なかなか外に出ている人もいません。
先日の台風では、熱海を中心に、湯河原や小田原といったところで、ものすごい高波の被害が生じましたが、幸い私の住んでいるところでは、海沿いでも高台ということもあって、大きな被害は出ませんでした。
皆様から色々とご心配やらお見舞いやらを頂き、有難うございました。
ちょっと離れたお隣の海に面したマンションでは、一階にかなりな高潮がぶつかっている様子でしたが。

台風一過、穏やかに晴れ上がった海には、いかにもリゾートらしい美しいヨットが浮かんでいます。
ヨットの帆というのはどうしてあんなに美しいんでしょうか。
イメージ 1


家の中では、潮風を含んだ雨が打ち付けて行った窓ガラスを、一生懸命掃除している人がいます。
私はあまり気にならないタイプなのですが、村田は、窓ガラスが汚れているのがすごく気になるらしく、せっせと朝食後から掃除三昧です。
掃除の道具も、プロ並みに揃えています。
イメージ 2


ついでに、バルコニーの手すりも。
イメージ 3


村田の実家の大きな甕に飼っていた金魚が、この暑さで沸騰して全滅してしまったそうです。
そういえば友人のところの甕のメダカも、ここのところ全く姿が見えなくなったとか言っていました。

ぷにちゃんは、午後の日差しがよくあたる私のベッドで日中ずっと寝ていますが、猫は熱中症にはならないのでしょうか。
イメージ 4


一昨日までお知り合いがお子さんを連れて、うちのゲストルームに泊まりに来ていました。
今月半ばには友人が、網代の花火を目当てに泊まりに来ます。
先週と一昨日は熱海の花火、昨日は峠を一つ越えた宇佐美の花火、そして今月半ばには網代の花火と、ここいら辺の夏は花火の百花繚乱です。
「こんなに花火ばっかりあっちゃ、有難味が薄れるよ」と地元のタクシーの運転手さんが話していました。

今年は、先だってサウジアラビアからの漫画のイベントのご招待がありましたが、予定が合わずお断りしました。
ちょうど暮れ近くの予定の空いているところに、ロシアからもご招待が来ています。
こちらは漫画のイベントではなくて、「ノンフィクション展」ということです。
久しぶりのロシアですので、ご招待をお受けしようと思っています。



posted by riyoko at 15:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。