2019年08月03日

2019年8月の日記

8月28日(水)
村田孝高です。

今日は雨も風も強い、久々の嫌な天気です。
西の方ではかなり被害も出ているようですね。
こんな日に、東京まで『トムとジェリー』の稽古に出かけます。
出演者枠に、お申し込みを有難うございました。
日によってはすでに売り切れとなり、ご希望に添えなかった方には本当に申し訳ありません。

先日は、倉庫として使っている柏の部屋まで、荷物の整理に行きました。
理代子さんと私とで長いことやってきた、「ナレーションオペラ」の小道具・大道具などの類が置いてある部屋です。
部屋の中に入ると、『フィガロの結婚』や『リゴレット』『ラ・ボエーム』の舞台などが懐かしく思い出され、ちょっと胸が締め付けられるような感じでした。
熱海に引っ越してくるまでの約10年間、二人で本当に色々な舞台をやりました。
計画から上演まで、すべて自分たちでこなしてきました。
自分たちが若かったのと、また応援してくださる後援会の方々も皆さん若かったんだなあ・・・と、しみじみ過ぎ去った歳月を噛み締めました。

柏まで来たので、ということで、お隣の安孫子に住む理代子さんの親友を訪ねて、久々に一緒に食事をしました。
この間手術をされたので、お見舞いも兼ねて。
イメージ 24


イメージ 22

この鈴木屋さんというのは、皇室の方々も時々見えるとかいう由緒ある料亭です。
ここの鰻は、もうそれは得も言われず美味しかったです。
イメージ 23

イメージ 25


まだあまり食欲が本調子ではない理代子さんだけ「松花堂弁当」を頂き、後は皆でうな重定食、そして私一人だけ、追加で松花堂もいただきました。
イメージ 26

10月25日に、私の生まれ故郷、四国の丸亀市で久々のコンサートをしますが、もうそろそろ引っ越してきて三年になる熱海でも、と考えていて、この間漸く、会場の起雲閣を押さえました。
11月11日(月)に、地元デビューが決まりました。

どのくらいの方が聞きに来てくださるのか、ちょっとドキドキです。
そろそろチラシが上がって来るので、あちこち回らなければ、と考えています。
起雲閣の方々が本当に親切にしてくださるので、心強いです。
ま、その前に九月、十月は『トムとジェリー』です。





8月24日(土)
池田理代子です。

福岡の『椿姫』公演から戻り、翌日『トムとジェリー』の稽古に出かけて、漸く家でゴロゴロ体を休める時間を持てている村田です。
イタリア人テノールの通訳の方が、カーテンコールの写真を送ってくださいました。
イメージ 18

名古屋・御園座で既に一公演終えている『トムとジェリー』ですが、ジャニーズJr.さんなどで、月替わり出演の方があるので、絡みがある人は、その方の稽古にお付き合いしなくてはならないようで、なかなか大変みたいです。
追加で東京公演のお申し込みを頂いた方、無事にチケットは取れていますのでご安心ください。

今日は、少々強いですが涼しい風が家の中を通り抜け、気持ちのいい一日でした。
夕景が素晴らしいです。
イメージ 19

この間街中で、とてもセンスの良い花屋さんを見つけ、(しかも安い!)小さなブーケを頂いてきました。
家の中に植物があるだけで、こんなにも心が和みます。
身体の痛みも少し和らぐようです。
イメージ 20

イメージ 21

風の通り抜けるリビングで、ぷにちゃんもリラックスしています。
このあと、村田につかまって、お爪をバチバチ切られました。





8月20日(火)
村田孝高です。

暑い博多から、昨日の朝一番で新幹線に乗り我が家に帰ってきました。
起きたらリビングに私がいたので、理代子さんが仰天していました。
久しぶりの我が家、やっぱりいいなあ。

17日の『椿姫』ジェルモン、高い音も低い音もとてもよく出て、今までにない出来上がりだったかなと思います。
その日は、翌日の朝まで打ち上げで飲みつぶれ、ホテルにもう一泊して、翌朝早く出発しました。
ちょっと口うるさいイタリア人も、満足な出来だと思ってくれたと思います。
かつて、ボローニャ音楽院のニコレッタ・コンティ氏に、日本でもイタリアでも、徹底的にジェルモンをしごかれたのが、体に染みついていて、今回たった二日間の合わせでしたが、何もかもが上手く行きました。
いつものことながら、私もイタリア人の血が入っていると、出演者のみんなに言われました。
イメージ 17

理代子さんは久々に雑誌のインタビューの仕事なんかが入って、化粧して談話室でインタビューを受けていました。
夏休み中は絶対こちらから出かけて行かないことにしているそうです。
でも、ずっとパソコンの前に座って原稿書いていたら、腎臓に来そうになって、立ったり座ったり、水を飲んだり、だいぶ気を付けていたみたいです。
そうしたら、インタビュアーの女性が、やはり腎臓が悪くて、ついこの間移植手術をしたばかりだという人で、「同じ腎臓が悪い人に会えてうれしい」などと、変な喜ばれ方をしたそうです。

二人ともヘロヘロな状態で、夕飯は、ピザーラのデリバリーを頼んで済ませました。

暫く家で休めるかと思っていたら、今日、20日は東京でトムとジェリーの思い出し稽古という奴が入っており、早くに熱海を出なくてはならなくなりました。
このシーズン、まだまだ観光客で道が混んでいるので、時間を読むのは難しく、車で朝できるだけ早く出発するしかなさそうです。
本当に、なかなかゆっくり我が家でくつろぐというのは難しいらしいです。
変なあおり運転に引っ掛からないように、気をつけて行きます。





8月17日(土)
田理代子です。

内陸では、命の危険を感じるような暑さだということですが、ここ熱海では昨夕から涼しく、この夏初めてクーラーなしで熟睡をしました。

すぐお隣の多賀でも、その先の網代でも、続けざまに花火大会がありました。
イメージ 15


花火を撮るのって難しいですね。
あれよあれよという間に画像が変わってしまうので、結局生で楽しんだ方がいいや!と思います。
明日は、熱海の花火です。
イメージ 16


甲子園も、いよいよベスト8の熱闘です。
起きると家の中の二か所のテレビで甲子園の中継を付けて、移動していても必ず見られるようにしています。
強い選手を他県からお金で集めるとか、チームの中の不祥事とか、色々聞かれることもありますが、それでも、勝っても負けても、あの球児たちの涙は本当に清々しいものがあります。
プロへの足掛かりととらえる向きもありますが、でも、彼らの涙を見ていると、甲子園こそが高校球児たちの聖地なのだと、しみじみ感じます。
あのような涙は、人生の中で何回流すことがあるでしょうか。
ああ、去年の金石農業に熱中したのが懐かしい!

今日は、村田が福岡で、『椿姫』のジェルモンの本番です。
息子のアルフレード役は、なかなか名前のあるイタリア人だそうです。
昨日は咽喉科で喉の手当てもしてもらったし、よく眠れたので、いい調子だということ、きっと遜色のない父親を歌うことでしょう。





8月13日(火)
村田孝高です。

11日の広島シティオペラ『ジャンニスキッキ』無事に終わりました。
おいで下さった皆さんからも概ね好評でした。
演出の三浦安浩先生にも褒めていただきました。
実は、本番三日前に、歌い過ぎて声が出ない状態になったのです。
声帯も筋肉、とにかくよく寝て休ませてやり、当日も少しずつ発声をして何とか乗り切りました。
イメージ 12

イメージ 13


当日は理代子さんが来られなくて、残念でした。
親父が車椅子できてくれました。
イメージ 14


翌日の夜中に車で広島を出発して、今朝早く無事に熱海につきました。
それから一日ゴンゴン寝て、夕方起きて夕飯を食べたところへ、何と、17日(四日後)のオペラのオファーが!!
『椿姫』のジェルモン役の人が、声が出なくなってしまって、急遽代役を探しているとのこと。
しかも、場所は福岡です。

そんなわけで、明日にはまた荷造りをして福岡に向けて出発することになりました。
台風が来ているけど、大丈夫かな。
念のため飛行機はやめにしました。
たった一日の休日でしたが、こうして呼んで頂ける持ち役があるというだけで、有り難いことです。
ジェルモンに関しては、衣裳もステッキも帽子もコートも、自前で持っていますし。

「声を出すな」「早く寝ろ」と理代子さんがうるさいです。
私は大声で喋り過ぎるらしいです。
普通にしゃべっているつもりなんですが、大声はどうやら母親からの遺伝のようです。




8月11日(日)
池田理代子です。

何ということか!
昨日、荷物をもって一時間近くかけて(観光客で道路は大渋滞)熱海駅に到着したら、新幹線の指定席はすべて売り切れとのこと。
仕方なく広島までの自由席を買って、駅のホームで待っていましたが、こだま、ひかり、こだま、こだまと、四本待っても、自由席は、通路はおろかデッキまで超満員の100%越え。
一時間半くらい、暑いホームで立って頑張りましたが、私の体力では乗り込むことさえ不可能な満員ぶりに、ついに諦め引き返しました。

そうしたら、入る時に改札でチケットを取るのを忘れたらしく、またひと騒動。
「済みません、○○時〇〇分ごろの広島行きのチケットが機械に残っているはずなんですけど」と探していただいて、いやー、ありました、ありました!!

かくして、泣く泣く『ジャンニ・スキッキ』は諦め、自宅に引き返すことに。
まるでシャワーを浴びたような大汗で、頭はくらくら、熱中症一歩手前でした。

この時期の交通事情の凄まじさ、身をもって知りました。
一人ほくそえんでいるのは、ぷにばかりかな。





8月10日(土)
池田理代子です。

この暑さで、猛烈にかき氷が食べたくなり、先日山口さんに引っ付いて駅前まで出て、かき氷を注文しました。
今年の初かき氷です。
イメージ 9


私は苺ミルク、山口さんはコーヒーです。
イメージ 10


ところが、冷房の効いた店の中で頂いたので、もう、半分くらいのところでガチガチと歯の根も会わないほど震えが来て、「何か温かいもの!」と、おうどんも注文する羽目になりました。
イメージ 11

いやー、やっぱりかき氷は、陽のカンカンに照り付ける屋外で頂くに限りますね。

風呂友さんのお一人が、湯河原の農園で採れたばかりのブルーベリーを届けに来てくださいました。
色々とお客様はありますが、同じマンションの中のお知り合いに、家の中まで上がっていただいて、色々とお話しさせて頂いたのは、越して来て約三年で初めてのことでした。
何か、少しずつこちらに根付いてきている感がします。

私のブログをお読みになって、ずっと具合が悪かったのをお知りになり、「夜中でも、具合が悪くなって助けが必要な時は、遠慮なく電話ください」と、携帯番号を教えていただきました。
これまで何度もお風呂でお会いしていて、三年近くも、携帯番号も交換していなかったことに気づき、自分の人見知り具合にあきれ果てました。

夏休みのこととて、村田のお知り合いが、もう一部屋ある彼のワンルームにお子さん連れで泊まりに見えます。
日帰りで、カラオケとかプールとか磯遊びに見える方もあります。
この辺には、サーフィンのメッカが二か所あるので、それもお目当ての一つです。
この間は、親子五人で見えた方もありました。
喜んで頂いて、嬉しいことです。
「何もお構いしませんから、お帰りの際に部屋の鍵だけフロントにお預けください」という、ご挨拶もしないでほったらかしの私の人見知りも、却って心地いいのかも。

くれぐれもお子さんの怪我にだけはご注意!と祈っています。

今日から、村田の舞台『ジャンニ・スキッキ』を見に、広島に入ります。
山口さんが来てくれて、ぷにちゃんは久々にお留守番です。






8月6日(火)
池田理代子です。

甲子園で高校野球が始まりました。
高校野球と箱根駅伝、そして相撲にラグビー、サッカー、テニス、体操と、自分ではやりませんが見逃せないスポーツイベントがひしめいていて、またBSではオペラやバレエ、映画などもぎっしりで、老後はそれなりに飽きないで暮らせそうです。

台風が近づいているせいか、いつもより強い海風が室内を通り抜けていき、本当に気持ちがいい日です。
お陰様で体調も、微熱を残してはいますが、ほぼ元気になりました。
昨夜は漸く、ちゃんとしたご飯が頂けるようになり、友人が送ってくれた京都のチャーハンなるものをチンしていただいてみました。
イメージ 7

さすが京都と言うべきか、普通のチャーハンとは少し趣の変わった品のいい味わいで、とにかく美味しい!
秘伝のたれがご飯に沁み込んでいて、得も言われぬ美味しさでした。
彼女は、時々美味しいものをお取り寄せして頂いているのだとかで、あまり外食もできなくなりつつある私たちの年齢には、このお取り寄せというのは、日々の食生活を豊かに彩るいいアイディアですね。

チャーハンに続いて、何と再び同じ友人から、今度は青森・津軽から、無農薬・無化学肥料の「水切り栽培」の完熟ミニトマトを送ってきました。
これがまた、甘くて美味しくて、思わず「なんなの、これ!?」と叫んでしまいたくなる濃厚な味。
イメージ 8

チャーハンとこのトマトと、自分で作るリンゴと人参のスムージーで、一日のお食事は十分です。

村田の母からは、高麗人参エキスを送ってくれるし、毎日のように心配して電話をくれる友人もいるし、みんなに心遣いをもらって、本当に有り難いです。

夏休みのこととて、レジャーボート六台が威勢よく水上を走り回っていたり、シーカヤックも例年通り賑やかに出ています。
子供たちがプールではしゃぎまわる声も聞こえてきます。

温泉大浴場にも、子供の姿が増えましたが、最近のお母さんたちは、二、三歳の小さな子供がお風呂場で走り回るのにも無関心で、毎回、転んで頭を打って大泣きしたり、浴槽の縁を走り回ってガラスの窓に激突し怪我をする子供がいます。
家の浴室と違って、すべて石造りなので危ないです。
よく背中を向けたままで平気でいられるなあ・・・。
私達定住者組にベビーシッターをやれということなのでしょうけど、ほんと、ハラハラして気が気ではありません。
子供に注意しても「ほら、怖いおばちゃんに怒られるよ」と、お決まりのセリフを言われるので、お知り合いの風呂友さんは、もう何も言わないことにしたと仰っていました。

村田は、本日の名古屋・御園座を最後に、再び広島に戻り、11日12日のオペラ『ジャンニスキッキ』に突入します。




2019年8月3日(土)
池田理代子です。

連日の猛暑が言われていますが、熱海では今日は、海風が涼しく、部屋を開放したらとても気持ちが良かったです。
さすがに14:00から17:00くらいまでは、窓を閉じてエアコンを入れましたが。

今日は、名古屋・御園座での『トムとジェリー』の初日でした。
私も行く予定にしていたのですが、長いこと寝込んでいたので、とても名古屋まで一人で行って帰ってこられる自信がなく、向こうの方にお願いしてチケットを無駄にしないように代わりに行って頂きました。
イメージ 1


村田が、自分の役の写真を送ってくれました。
凄く見たかったです。
イメージ 2

イメージ 3


九月の東京・オーチャードホールは、這ってでも行きます。


名古屋での初日を終えたらすぐにまた広島に戻り、『ジャンニ・スキッキ』のオーケストラ合わせに合流、そしてまた6日は再び名古屋と、この暑さの中、気の毒なようです。

お知り合いの方から、京都のこの時期のお野菜をどっさり送っていただきました。
私が、頑張ってお料理する体調ではないのと、食べてくれる村田がいないのとで、山口さんと山分けして持って帰ってもらいました。
イメージ 4

イメージ 5


賀茂茄子、翡翠茄子、花おくらなど、珍しい食材がどっさりでした。
茹でるだけでいいようなものから少しずつ頂いています。

ネット通販のたまっているポイントを使って、村田が、可愛らしいミキサーを取り寄せてくれていたので、初めて、スムージーもどきを作ってみました。
自己流レシピで、リンゴと人参、ヨーグルト、生クリームに蜂蜜とレモン、お水少々で、結構おいしかったです。
イメージ 6


まだまだなかなか固形物を頂く勇気がないので、こういう流動食みたいなものが、安心です。
友人が、美味しそうな冷凍のチャーハンを送ってくれたので、もうちょっとしたら頂いてみようと、楽しみにしています。
割と汗をかかないタイプなので、熱中症には気を遣って暮らしています。
posted by riyoko at 19:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。