2020年03月19日

世界はまだまだこれからですね

3月18日(水)
池田理代子です。

皆さんお変わりありませんか。
引きこもり生活も、楽ではありませんね。
普段あまり(というかほとんど)運動しない私ですが、こんな時は、やはり体調がおかしくなるので、まめに家事をやるようにしています。
それも、家の中をつま先立ちで歩きながら。

先日平塚SAで買ったバラと人参の写真をご紹介しましたが、その折にやはり、地元農家の生産という「菜の花」を買いました。
春の色彩に、思わず心が揺さぶられ、こんなものにも感動するなんてと、少しおかしかったです。
早速にお浸しにしました。
IMG_2633.jpg
昨日は、村田が街のお寿司屋さんで買って来てくれたお寿司に合わせて、お吸い物に。
私達が熱海で一番おいしいと感じているお寿司です。
大将が、その日の地物の金目やイカなどを、女将さん曰く「心を込めて握って」下さいます。
私達は、舞台がある時は、その前に生ものは頂かないように気を付けているのですが、この先はしばらく舞台もないので、久しぶりのお寿司、安心して心から堪能しました。

起きるとすぐ、相撲中継を付けて、その前で朝食兼昼食を頂きます。
IMG_2636.jpg
昨日は、阿武咲関がついに無敗の白鵬関に土を付けました。
白鵬関は私費を投じ『白鵬杯』という相撲大会を設けて、全国の子供たちに相撲を普及するためにもう十年も続けてこられていますが、何と、横綱を破った阿武咲関は、その『白鵬杯』の第一回目の優勝者の少年だったそうで、これ以上の恩返しはないのではないかと、ひどく感動しました。
それにしても、今場所が終わってしまったら、何を楽しみに生きていいのやら・・・。

中國でも日本でも、そろそろコロナ騒ぎは終息しそうなことを言っていますが、きっと日本では、ちゃんと検査をすればまだまだたくさんの感染者が出ることと思います。
欧米でも、まだまだ広がりはこれからだという感があります。
世界選手権やサッカーなど大きな大会が軒並み延期・中止になっている中、ひとりオリンピックをやると頑張っている日本は、何を考えているのでしょうか。
「完全な形で」などと、ポエムのような分かりにくい表現でしか語らない宰相の本音をお聞きしたいものです。
政治家はもう少し明快な言葉で、具体的な事実を語ってくれないものだろうかといつも思います。
だって、原発にしろ何にしろ、最後に具体的な形でつけを払わされるのは結局国民なのですから。

posted by riyoko at 00:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。