2020年05月17日

特別無料コンサート?

5月17日(日)
村田孝高です。

昨日から一転しての五月晴れ、気持ちがいい日です。
何故か朝早く目が覚め、理代子さんが寝ている間にコンビニに色々と用足しに行ってきました。
帰ってからまた四時間ほど寝ました。

はるか昔のような気がしますが、2月の都築公会堂での古城都さん主催の舞台で、おいで下さった観客のお一人からいただいた花の鉢、窓際でどんどん立派に育っています。
!cid_AB1DC864-6BCD-4F11-AD93-BC197EACE122.jpg

大原さんからのお花.jpg
あの日からもう三か月になります。

山桜がほころび始めていた景色も、すっかり初夏の様相となりました。

起雲閣も今は閉まっていますが、先日統括の方から電話を頂き、「六月一日から開ける予定なので、村田さんの歌声が聞きたいわ」と言っていただきました。
予定していたコンサートは延期となりましたが、20人くらいのお客様を入れての無料コンサートなど、悪くないかもと思っています。
20人くらいなら、十分に間を開けて聴いて頂けます。

しかし万が一にも私が感染すれば、うちは危険レベルの高い同居人がいるので、やっぱり二の足を踏んでしまいます。

テレビでコロナのニュースばかり見ていても、精神衛生上よくないといわれているので、なるべく昔の映画とか、昔の大河ドラマとか、昔のスポーツの試合のVTRなどを見るようにしています。
昔の大相撲もやってくれないですかね。

この間、「バレエの王子様」という番組を見ていたら、ロシアの一番権威あるバレエ学校での様子をやっていました。
卒業試験から国家試験、そしてボリショイなどの有名バレエ団のオーディションなど、息詰まる日々を追ったドキュメンタリーです。
イギリスから留学していた、日本人とのハーフのアーロン君が、小さな背丈をジャンプの高さで克服し、見事マリインスキーのオーディションに合格しました。
「この子の顔は誰かに似てる」と理代子さんが言うのですが、何と!
お母さんのおじさんが、昔の横綱・初代朝潮でした。
濃いい目元が、初代朝潮関にそっくりです。
いつかアーロン君がマリインスキーの舞台に立つ日が楽しみです。

posted by riyoko at 16:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。