2020年06月28日

緊張しましたが・・・

6月28日(日)
池田理代子です。

昨日は、熱海起雲閣において、四か月ぶりとなる生舞台をさせていただきました。
IMG_2816.jpg

IMG_2817.jpg
四か月のブランクは、思った以上に身体的にも精神的にも、緊張がありましたが。熱海在住の30名様限定での無料コンサートでしたが、沢山のご希望があって、当日まで、キャンセル待ちの方々からのお問い合わせの電話があったということを、大変嬉しく聞かせて頂きました。
また、地元の新聞社から二社、取材も入りました。
DSC_2816.JPG

DSC_2818.JPG
熱海在住のピアニスト・寺田潤子さんのお知り合いのヴァイオリニストさんが、聞きに来てくださっていて、何と、私と東京音楽大学時代に同期生だったそうです。
西洋音楽史の授業を一緒に受けたということでした。
西洋音楽史は、私もかなり気合を入れて受けていた授業です。
試験、難しかったなあ・・・。

ひいき目かも知れませんが、村田孝高はやっぱり燕尾服が似あうな・・・と、惚れ直しました。
四か月間、家でラフな下着まがいの姿ばかり見なれたせいもあるかも知れません。二人でデュエットを歌っていても、お客様の視線はほとんど村田の方にばっかり行っていました。
また、村田孝高後援会に、その場で入会してくださったお客様もありました。
本当に有り難いことです。

今は、家でユーチューブなどでのネットを通した音楽しか耳に出来ない時代ですが、生の音楽、生の歌声に、来てくださった皆さんが少しでも感動し心慰められて下されば、本当に嬉しいです。

今度またいつこうしたコンサートができるかは分かりませんが(緊急事態宣言解除に伴って、やはり随分感染者が増えていますね)、私達も久々に皆さんの前で歌わせて頂いて、想像以上に嬉しい充実した一日でした。

受付では、検温、マスク、手の消毒液、フェイスシールドと、出来る限りの感染防止対策を講じましたが、どうか、昨日のコンサートから一人の感染者も出ないことを祈り続けています。

帰ってから、近所の鰻屋さんのうな重をテイクアウトし、シャンパンを抜いて、二人で乾杯しました。
2020.6.27鰻とシャンペン
久々にハイヒールを履いたので、足がつりまくりましたが、充実した一日を過ごさせて頂きました。
おいで下さった皆様、本当に有難うございました。
どうぞこれからの日々もお元気でお過ごしください。

posted by riyoko at 19:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。