2020年07月26日

七月場所が無事に済みますように

7月26日(日)
池田理代子です。

静岡に、洪水注意報が出ています。
雨は時折ザーッと激しく振り、ぱっと日が差したかと思えばまた厚い雲に覆われて、体にカビでも映えそうな日々が続いています。

ここのところ、毎日結構力を入れてご飯を作っているので、体重が2kgばかり太ってしまいました。
IMG_2083.jpg
もうこういう風に食事の支度をすることも、いずれ出来なくなると思うと、つい、写真に撮ってしまいます。
IMG_2084.jpg

久々のご飯.JPG
上手く味付けができた日などには、村田に作り方を教え込んで、いずれ作ってもらおうかと目論んでいます。
給食とかお弁当とかの味ばかりでは、侘しくなるでしょうから。
2020.7アサリとお刺身

IMG_2633.jpg
昨日は、二人でトンカツを揚げました。
揚げたてがあまりに美味しく、写真を撮るのも忘れてがつがつ食べてしまい、残念でした。
キャベツの千切りで疲れ切りました。

阿炎という前頭五枚目の力士が、昨日から休場しています。
相撲協会が出している感染防止のガイドラインに反して、前日に客と会食をしたために、錣山親方が「休場させている」そうです。
親方の口ぶりでは、かなり怒っておられる様子でした。
この処分を、異常に厳しすぎるなどと言う声もありますが、少し前に、勝武士という力士がコロナで死亡していることなど考えれば、あまりに軽はずみと言われても仕方ない行為ではないでしょうか。
亡くなった勝武士さんのことなど、もうすっかり忘れてしまっているとしか思えません。
若い、遊びたい盛り、飲みたい盛りの力士たちが、コロナ発生後は真っすぐ場所入りし土俵終了後はそのまま真っすぐ部屋へ帰るということを守って暮らしているというのに、阿炎のような地位にある力士がそういうことをするなんて、軽はずみに過ぎると思います。
「若いから、コロナにかかっても症状出ないし」とうそぶいて、自分が移してしまうかもしれない他の人のことなど考えもしない、そこら辺を歩いている若者と何ら変わらない無責任な行動です。
相撲協会のガイドラインを皆が守り、必死で場所を務めている中、会食に誘う方も誘う方です。
若いと言っても、もと小結という地位は本当に重い地位です。
「なめるなよ」と、私は言いたい。
1/4の観客を入れての七月場所、とにかく一人の感染者も出さず無事に乗り切ってほしいものです。

友人から、今年も青森の素晴らしく甘いミニトマトが送られてきました。
2020.7おばちゃんからトマト
彩りがぐんと華やかになります。






posted by riyoko at 15:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。