2020年09月05日

総理の嘘

9月5日(土)
池田理代子です。

台風が近づいていて、熱く湿った海風が、何となく不快感があります。
今度のはかなり勢力が強いそうですね。
大雨を避けて、村田が広島から、車を運転して帰ってきました。
向こうを発つ前に、PCR検査を受け、陰性を確認しての帰宅です。
3万円もする検査、もう少し希望者全員が気軽に安く受けられるようにならないものでしょうか。
もっとも、陰性が出ても、翌日にどこかで感染すれば、あんまり意味がないものみたいですね。

ところで、広島のテレビ局のキャラクター『レモナルド・レモンチ』が流れている時に、一瞬、こんな絵になるそうです。
2020.9.4広島放送レモナルド・レモンチ2020.9.4広島放送レモナルド・レモンチ
これはもしや・・・!?

村田が留守の間に、こんな可愛いものが届きました。
あれっ、コーヒーカップ?と思ったら、ずっと頼んでいた油引きでした。
とても重宝しています。
2020.9.5可愛い油引き
外に出かける仕事はみんなお断りしているので、毎日、食事の支度に精出しています。
私は揚げ物は怖くて一人でできないので、一緒に手伝ってもらって、自己流でライスコロッケを作りました。
なかなか美味しかったです。
2020.8初めてのライスコロッケ
総裁選、どうなるんでしょうか。
病気での二度の退陣、仕方ないことですが、辞任の発表があったとたんに、ニュースキャスターたちが、まるで皇室に対して使うかのような馬鹿丁寧な敬語を使い始めて、とても気持ち悪かったです。

二、三日でこの現象は収まりましたが、こういう理由だと、すべて水に流そうという日本人特有のメンタリティが前面に出てきますね。
「水に流す」という表現は、山から海までの水の距離が近い、日本独特の表現であると思います。
韓国には「水に流す」という言葉はなくて、向こうの人たちにとっては、受けた仕打ちを「忘れない」と言うことの方が大切らしいです。
こういう二つの国が上手くやっていくのは、なかなか大変なことだという気がします。

それはともかく、国民の多くが納得していないであろう、モリ・かけ・さくらなど、チャラにしないでちゃんと解決してほしいものです。
文書改竄、秘密保護法、それに、「日本では放射能の問題はすべてアンダーコントロールである」と、堂々たる嘘をついて招致した東京オリンピックのことなど、ちゃんと検証してもらいたいと思っています。
いまだに核のゴミ問題が解決の糸口も見いだせていないのに、「アンダーコントロールである」と、世界に向けて堂々たる嘘をついた総理のことは、どうして誰も口にしないのか不思議でなりません。

コロナ禍の中、友人たちも、何となく気持ちが沈んで精神不安定になっているということをよく聞きます。
気持ちが沈むだけでなく、現実に、生活の困窮に直面している人たちに、新しい総理になる人は、是非手を差し伸べてください、お願いします。




posted by riyoko at 17:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。