2021年07月01日

いよいよ七月です

7月1日(木)
池田理代子です。

先日、私の尊敬するヴァイオリニストの前橋汀子さんとの対談がありました。
こんな時期ですので、リモートでの対談になってしまいましたが、パソコンのズームなどとは違い、照明や色々な機材が、丸々テレビ局からうちに移動してきたような大掛かりなものとなりました。
2021.6.23終了しました
私には初めてのリモート対談でしたが、普通にお話しするのと変わらない性能に驚きました。

2021.6.23スタッフさん

いよいよ七月に入り、各国から、オリンピックに出る選手団が続々来日していま
す。
もう日程も日程なので、二週間待機とか、始めに言っていたような感染対策は止めにする模様です。
感染者がこれだけ増えつつあり、専門家たちが心配の声を上げる中、政府はなし崩しに色々と強行していく模様です。

まるで、渋谷や新宿で路上飲みをして騒いでいる若者たち以下の愚かさだな・・・と、改めて思います。
しかし、どなたかがネットで仰っていたように、「物忘れは日本人の特技」だということですので、オリンピックが終わって選挙が始まったら、やっぱり自民党に投票する人が多いのでしょう。

ミャンマーにしろアメリカにしろ、色々な国で、これからを背負っていく若者たちが声を上げ、「選挙に行こう」と運動をしているのに比べ、日本では、選挙に行くのは年寄りばかり。
勢い、保守的な年寄り向けの政策が幅を利かせるのも、やむを得ないことです。
女性の社会的地位にしろ選択的夫婦別姓の問題にしろLGBTの問題にしろ、アフリカの後進国並みの意識の低さです。
いや、こんなことを言ってはアフリカの方々に失礼なくらいでしょう。
「日本とは、こういう国なのだ」と、私達は諦めるしかないのでしょうか。

先日の日生劇場での『蝶々夫人』、無事に終えることが出来ました。
いや、本当は感染者が出たり降板になったキャストが出たり、決して無事とは言えなかったのですが、ま、表面上は無事と言うことで・・・。
臭いものに蓋も、日本文化の特徴ですからね。

度肝を抜くような村田の扮装、生涯でもう二度と見られない、記念の一枚、いや二枚です。
2021.6.26ボンゾ衣装で

2021.6.25ボンゾですよ

実は私はこの度、26年ぶりに、本名の『池田理代子』に、戸籍上の名前を戻しました。
その為に、住民票や戸籍謄本を始め、パスポートやマイナンバーカード、預金通帳、クレジットカードなど、もろもろの改正手続きに追われています。

先日は小田原まで、銀行の手続きに行ってきました。
小田原駅前が、素晴らしい町並みになっていることに驚かされました。
2021.6.30小田原の新しい町並み
こういう、コンセプトのしっかりした街づくりを、ぜひ熱海もやってもらいたいものだと思いました。
2021.6.30小田原のラスか
一度散って再び花芽が伸びて咲き始めた胡蝶蘭、環境のいい場所に移したのが良かったのか、ますます見事に花開いています。
2021.6..30二度目の胡蝶蘭
来年もまた花を咲かせてあげたいです。

posted by riyoko at 18:08| Comment(10) | 日記
この記事へのコメント
池田先生
大雨は大丈夫でしたか?
熱海と聞いて、真っ先に先生のことを思い出しました。
雨は一旦小康状態になったようですが
どうぞ、お気を付けください。
       ほぼ半世紀、先生の筋金入り一ファンより
Posted by 工藤亜紀子 at 2021年07月03日 18:52
初めまして。もちっこと申します。
小学校2年生の時に初めて購入した漫画雑誌は週刊マーガレットでした。たまたまその時は「ベルばら」の最終回の号でした。その最終回の内容に幼いながらも衝撃を受け、その時からずっと池田先生の作品のファンです。
ベルばらをはじめ多くの作品に、長い間ずいぶん楽しませていただきました。心よりお礼を申し上げます。
今度は、いつか、池田先生と村田様の生のお歌を聴かせていただきたいと思っております。

本日の静岡県での豪雨、お見舞い申し上げます。
熱海市内も大変な大災害となってしまいましたが、お二人はご無事でしょうか。村田様はフィンランドまで渡航できるのでしょうか。
ドキドキしてしまい、この場をお借りしてコメントしてしまいました。
ご無礼の程をお許し下さい。
Posted by もちっこ at 2021年07月03日 19:58
熱海が大変なことになっていますが、先生は大丈夫でしょうか。ご無事を祈っております。
Posted by 冷奴 at 2021年07月03日 20:42
池田理代子先生、ご無沙汰しております。

ここ数日の集中豪雨にて、熱海に甚大な被害が出ていると聴き、気を揉んでおります。

被害が最小限で、早く日常生活に戻れますよう、祈念しております。

千葉県
坂本純一郎
Posted by 坂本純一郎 at 2021年07月03日 21:40
熱海が大変な事になっています。ご無事でありますよう願っております。
Posted by 石原 博樹 at 2021年07月04日 11:38
熱海の大変な被害の様子がニュースで流れ、先生、ご主人様はご無事でいらっしゃるか心配しております。
Posted by ヤマモトメグミ at 2021年07月05日 23:01
理代子先生こんばんは。凄〜く凄〜くお久しぶりなコメントで失礼致します。熱海の土砂崩れ…心が痛むばかりです。お近くではないですか?
Posted by 啓子 at 2021年07月06日 00:01
理代子先生、熱海の土砂崩れから毎日心配しております。理代子先生の事ですから最後の方が見つかるまでブログの更新をされないのかな…と。
コロナに、災害と苦しい世の中ですが私は理代子にお会い出来た事、先生の作品で元気を貰っています。只今更年期障害でくるしいですが😅
最後にお会い出来たのは池袋。本当に嬉しかったです。
また先生にお会い出来るのを楽しみに、コロナに負けず頑張ります‼️
Posted by 啓子 at 2021年08月17日 22:35
池田理代子先生

先生にお尋ねしたいことがあるのですが、ご連絡の
手段が見つからず突然申し訳ありません。
私事なのですが、先日、評伝宮武外骨の著者木本至先生に中田家の親族の事で連絡を取りたく白水社を介して手紙を送って頂いたのですが、移転のため連絡がつきませんでした。2019年まで連載されていたニュース社も倒産し連絡の手だてがありません。古い記事ですが池田理代子先生と木本至先生が対談されていることを知り、突然、図々しいですが何か、お知恵を貸して頂けないかとダメ元でメールをさせて頂きました。
Posted by 中田直宏 at 2021年08月28日 01:15
池田理代子先生

突然のご連絡失礼致しました。
先日、入力した当方のホームページアドレスですが、非公設定になっておりましたので再入力致します。先日の文章では自己紹介がが不十分だったと思いますので追記させてください。木本至との関係ですが、私の祖父の兄が中田薫と言いまして、宮武骸骨さんとの交流があり、木本至先生が評伝宮武外骨を執筆する際、中田薫の息子、瑞彦との対談や詳しい聞き取りがありました。その聞き取り等のなかで
中田薫の父直慈の兄弟で家出したとされている直三郎の事や、薫の妹の嫁ぎ先等の事をお聞きしたく、先日白水社を介して手紙を郵送して頂いたのですが移転されていたという経緯です。2019年まで掲載されていた、ニュース社も倒産してしまい、偶然ネット記事で知った木本至先生と池田理代子先生との対談を知り、池田理代子先生のブログに行きつきました。木本先生への連絡手段等何かお存じでしたら、お知恵をお借りできないでしょうか。

中田直宏
araiguma@coda.ocn.ne.jp
このメッセージ文は非公開でお願い致します。
Posted by 中田直宏 at 2021年08月30日 10:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。