2022年01月20日

金沢は雪だった

1月20日(木)
村田孝高です。

18日石川県立音楽堂で、理代子さんが青島広志先生と行った対談と音楽会、時間を少々オーバーして無事に終了しました。
20210118culturenavi (1).jpg
舗道は雪がシャーベット状で滑りやすく、足を骨折して松葉杖の自分と、足元のおぼつかない理代子さんとで、非常に危ない二人でしたが、無事にたどり着くことが出来ました。
当初、理代子さん以外の同行者は中に入れないと言われていたのですが、青島先生とは知り合いでもあり、何と言っても二人一緒に住んでいるので、自分が入れなければ理代子さんも入れない訳で、先方がとても恐縮していました。
青島先生のたってのご希望で、会場の一番前に座らされ、皆さんに「藤原歌劇団のバリトン」と紹介されました。

終演した頃にはもうホテルのレストランも皆閉まっていて、危ない中を、近くのコンビニまで夕飯と翌朝の食事を買いに出かけました。

翌日の私は、茅ケ崎の病院で足首の様子を見てもらい、そのまま月末の小田原オペラ『こうもり』の稽古に向かいました。
結構疲れました。

今週はもう一つ、奈良県の法隆寺で理代子さんの仕事があり、また同行します。
聖徳太子没後1,400年のイベントです。
rekisi.gif
とにかく駅での乗り換えなどが危なっかしくて、始めは車で送って行こうかとも思っていたのですが、どうも途中が大雪になるらしいので、やはり列車で行くことにしました。
実は私は法隆寺は初めてで、大変楽しみにしていますが、どのイベントもこのコロナ禍で、人の入り具合が心配です。
聖徳太子の徳の力で、コロナが早く収まるよう、念じてきます。


posted by riyoko at 19:21| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
今日は池田さんの聖徳太子に関するすばらしいお話をありがとうございました。与謝野晶子について取材させていただき、記事を掲載したのは20年近くも前で、高取町の如来寺にあるご両親のお墓にご一緒に参拝したことも懐かしく思い出しました。お二人のご健康とご多幸、ご活躍を願っています。お元気で‼️柳林
Posted by 柳林 修 at 2022年01月23日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。