2022年05月01日

バチカンから日本へ第九回

5月1日(日)
池田理代子です。

四月二十六日オーチャードホールでのハレルヤと第九のコンサート、このご時世でなんと110名にも達する大合唱団の参加で、素晴らしい演奏が終わりました。
IMG_20220401_0001.jpg
『池田理代子とばらのミューズたち』グループは、昔の『真夏の第九』メンバーを中心に40名近い皆様が集まってくれました。
上は八十代から、下は?十代まで、私たちは一番高齢のグループでしたが、懐かしい方々のお顔を拝見することができて、しばし同窓会気分で盛り上がりました。
残念ながら体力的なこと、またお亡くなりになった方もあり、辛い消息を確認する場ともなりましたが、全員マスクをつけての歌唱に耐え、無事に舞台を終えることができました。

マスクを着けて第九を歌うというのは、とにかく息がとりにくく、心臓が破裂するかと危ぶんだほどの大変さでした。
お陰で、しばらく歌っていなかった分、いい体の使い方を思い出すよすがとなりました。

その翌日から、村田は掛川、仙台、陸前高田などのツアーに入っています。

陸前高田では、あの震災の後、漸く音楽ホールが完成したとのことで、ホールの写真を送ってくれました。
陸前高田市民文化会館奇跡の一本松ホールと言います。
復興の大きな足音が聞こえるようで、震災後小林研一郎マエストロとともに東北を回った身としては、感無量の写真です。
2022.4.29陸前高田コンサートホール.jpg
掛川からずっと帯同してくれている、高名なピアニストの岡崎ゆみちゃんのゲネプロ風景です。
2022.4.29陸前高田由美さんゲネプロ.jpg
岡崎さんほどのピアニストが東北周りに参加してくれるなんて、すごい贅沢です。
本日最後の福島でのコンサートを終えて、村田は明日には戻ってきます。

私は昨日、二年ぶりで先生に来ていただき、歌のレッスンを受けました。
マスクをしての合唱のおかげで、なまっていたからだが少し動き出して、先生からは「そんなに思っているほど声は衰えていません」と言っていただきました。

七月十日には、兵庫県芦屋市で、古城都さんや宝塚OGたちとのコンサートが開かれます。
IMG_20220421_0001.jpg
前回の鎌倉よりましな歌が歌えるかと、少しホッとしています。
芦屋市民センタールナホールの大ホールにて、午後一時開演、チケットは6,500円です。
あちら方面の皆様、どうぞお楽しみに!!
お会いできるのを心から楽しみにしています。

posted by riyoko at 16:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。