2020年09月29日

ああ、富士の山

9月29日(火)
池田理代子です。

すっかり涼しくなり、私とぷには、もう暖房を入れて暮らし、村田は下着姿で逃げ回っています。

相撲、終わってしまいました。
佐渡が嶽部屋の皆さん、頑張りましたが、怪我を押して土俵に上がり、負け越した琴奨菊関のことが心配です。
コロナ禍で、千秋楽パーティもずっと中止となっており、親方や琴勇輝関とメールのやり取りをする以外に、ご連絡を取る方法とてなく、寂しい限りです。
でも、正代関の初優勝、素晴らしかったですね。
私達も以前、震災直後に熊本に伺いましたが、熊本から初めての優勝力士、地元の方々はどんなにか勇気づけられたことでしょう。

十月には、『河野裕子賞』の最終審査のために、京都に行かねばなりません。
何か月ぶりの遠出でしょうか。
まだ新幹線に乗る勇気がないので、村田が車で京都まで送ってくれるそうです。
永田和宏先生や俵万智さんなどにお会いできるのが楽しみです。

私自身の初めての歌集も、ようやく色々とまとまって来て、11月の末ごろには出版の運びとなりそうです。
今は、本の装丁を選んだりなどしています。
2020.9.23歌集表紙
中学生時代から短歌を描き続けて、死ぬ前に、何とかまとまった歌集にしたかったので、本当に嬉しいです。
この度、自分の歌集のために歌を選んでいて、自分の才能のなさに打ちひしがれ、本の形で発表できる歌など思いのほか少ないことを、現実として悟り、愕然としています。
それでも、「これを出さねば死ぬに死ねない」という気持ちで、遺言を残すという気持ちで歌を選びました。
河野裕子さんのご夫君・永田和宏先生が、巻末に解説を書いてくださるのも、望外の喜びです。

今はコロナ感染が怖いので、どこへ出かけるにも、公共交通機関は一切使わず、村田の運転で連れて行ってもらっています。
本当に有り難いことです。

先日、山の上のソーセージ屋に行ったとき、結構雨が降っていたにもかかわらず、思いもかけず富士山を見ることが出来ました。
雨と霧ですべてがかすんでいる中に、くっきり浮かんだ富士山は、素晴らしかったです。
2020.9.23雨の中の富士山
75年前、戦争が終わって、南方で捕虜になっていた父が復員船で日本に帰って来た時、それまで船底に押し込められていた捕虜たちを、アメリカ軍が「デッキに出るように」と言って出してくれたそうです。
捕虜たちは皆、自分たちがどこに送られているのかも知らされていなかったので、「いよいよデッキで殺されるのか」と覚悟を決めたそうですが、なんと彼らの目の前に、美しく雄大な富士の姿があって、みんな男泣きに泣いたということです。
富士山を見るたびに、父から聞いたこの話を思い出します。

戦後のドキュメンタリーなどでも、多くの生き残りの兵士たちが、この「富士山」の話をされています。
富士山は、やはり日本人にとって特別な山なのですね。

posted by riyoko at 16:26| Comment(0) | 日記

2020年09月22日

ついてないなあ・・・

9月22日(火)
村田孝高です。

一気に涼しくなりましたね。

この間は、散歩にうってつけの気候だ、しめしめと、完全武装して出かけたとたんに、ざあーッとかなり激しい雨が降り出し、ほうほうのていで家に引き返しました。

先日の日曜日は、朝のテニススクール枠が開いていたので、しめしめと出かけたら、熱海を出た頃は晴れていたのに、小田原についたら雨で(土日はオープンコートなんです)、コーチが待っていてくださって「今日のレッスンは中止です」。
朝早起きして、理代子さんが作っておいてくれたおにぎりを食べて出かけたのに、おにぎり分のカロリーを消費しないまま帰る羽目になりました。
帰りは、ものすごい渋滞に遭遇しました。

この連休、熱海は凄い人出で、恐ろしくて街中にはとても出かけられません。
テニススクールも、人の少ない朝しか出かけられません。
散歩も、この連休中は中止にしています。
外から来る人たちは、やはり海辺のリゾートに来るという開放感からか、みんなマスクもしていませんし。

散歩で通る時に見えるお気に入りの景色です。
夕暮れ時が一番美しいです。
2020.9.19お気に入りの岬の風景
反対側には、遠く岬の突端に、我が家が見えます。
2020.9.19遠くの我が家
熱海に越して来て三年、東京暮らしが長かったので、まだ、地元という実感は少ないですが、これから少しずつ、ここで人生を暮らしていくのだという気持ちが湧いて来そうです。

コロナのせいで、折角馴染みになって来つつあった商店などとも、このところご無沙汰で、早く収束してもらいたいものだと願わずにいられません。

第一次大戦の時の、スペイン風邪(本当はアメリカが発生源だったそうです)のときは、世界中で五億人が罹患し、三年かかってようやく、集団免疫ができて収まったらしいです。
勿論、何千万人もの死者が出たのですが、おもにヨーロッパの戦場でのことだったので、各国とも感染を隠し、結局、参戦していなかったスペインで被害が報告されて、「スペイン風邪」などと不名誉な名前が付けられてしまったそうですね。
三年か・・・。
それは長いです。

あの頃の映像を見ると、ヨーロッパでもみんなマスクをし、握手やハグを避け、ソーシャルディスタンスを取って暮らしているのに、どうしてこの度のコロナでは、ヨーロッパ人もアメリカ人も、こんなにマスクをするのを嫌がるのでしょうか。
まるで、自分たちは白人だから、アジア人のするようなマスクなどしたくない、とでも言わんばかりで、政治家たちも長いことマスクを拒否していました。
ちゃんと自分たちの歴史を振り返ってもらいたいものです。

posted by riyoko at 13:59| Comment(0) | 日記

2020年09月16日

アベノママ内閣・・・!

9月16日(水)
池田理代子です。

新内閣を称して、「アベノママ内閣」と言われています。
上手いこと言うなーと笑ってしまいました。
今度のIT担当大臣は、パソコンくらいは使いこなせる人なのでしょうか。
以前、パソコンもさわったことがないという方が、IT担当大臣だったことがあり、すぐに辞任されましたが、何と、私のお知り合いの方でした。

最近のドコモ口座事件と言い、ハッキングやフィッシング詐欺事件と言い、日本は本当にネット対策が遅れていますね。
私のパソコンにも、この頃頻繁に、登録もしていないメルアドに、買ってもいないものの通知が届いたり、銀行から引き出しが行われたとの通知が来たり、「あなたのアカウントをハッキングしたから、画像を流されたくなかったらビットコインで○○ドルを振り込め、などと言うようなメールが届いたりします。
お金を振り込めとか、アカウントの暗証番号を変えろとか言ったメールは、すべてフィッシング詐欺なので、絶対に返答してはいけないと教えられました。
皆さんもくれぐれもお気を付けくださいね。

この頃、寝るときの抱き枕の代わりに、流行りのYOGIBOなるものを購入してみました。
2020.9.5ヨギボ
変幻自在の形で、さわり心地もとてもいいです。

今日は、山の中のコンビニに行ったら、何と,ウリ坊が駐車場をうろついていました。
この間はかわいい猫ちゃんがいたのです。
猫ちゃんたちやウリ坊たちは、住み着いているのだそうですが、大きな母親猪がいるので、近づかない方がいいと言われました。
しかし、子供は車に寄って来るので、結構危ないです。
posted by riyoko at 19:13| Comment(0) | 日記

2020年09月12日

アベノミクスで生活保護が減った!?

9月12日(土)
村田孝高です。

親しかったオペラ仲間の、追悼の会を終えて、広島から戻って参りました。
久しぶりにいろいろな人たちと会いましたが、こういう時期なので、マスクをしたまま、本当に目礼を交わす程度しかできませんでした。
みんなに好かれていて、これからという若いテノールだったので、無念でなりません。
『椿姫』で、私がジェルモンをやったとき、彼が、息子のアルフレードを歌ってくれました。
来年は、『蝶々夫人』と『トゥーランドット』で、広島へ行きますが、彼の不在が
改めて身に染みることだろうと思います。

少しずつ舞台も復活しつつありますが、今年の12月5日には、小田原で、モーツァルトの『魔笛』に出ることになっています。
それまでにこのままコロナの感染も収まっていることを祈るばかりです。

天候不順とコロナのせいで、生鮮野菜が値上がりしたり、質が悪くなっていると書きましたが、このブログを読んで下さっている後援会員のお一人から、浅間高原の新鮮野菜が、段ボールいっぱい、どっさりと届きました。
2020.9.12嬬恋村の野菜
市場には出ていないような珍しい野菜もあって、いただくのが楽しみです。

自民党総裁選を前に、色々と候補者は理想を語っておられます。
しかし、菅官房長官が、「アベノミクスで、生活保護家庭が減っている」という嘘を堂々と述べられていて、ジャーナリストから早くも叩かれています。
ちょっと調べればわかるような嘘を、早くもですか?

アベノミクスで、貧富の格差が一層広がって、ひとり親家庭や貧困家庭などがどういうことになっているか、安定した歳費を税金から受け取っている議員には、全然見えていないのか・・・或いは、そういう人たちは、「国民」のうちに入っていないのか・・・。
ましてこのコロナの蔓延で、どれほどの失業者や(私たちオペラ歌手もその仲間ですが)、また住まいを失う人が出ているか、新政権には、実態をしっかりと見つめてほしいと思います。

さて、明日から大相撲九月場所です。
いつもながら、琴勇輝関から、熱い思いのこもった手紙が届きました。
posted by riyoko at 16:39| Comment(0) | 日記