2020年08月17日

戦後75年

8月17日(月)
村田孝高です。

昨日は、ちょうどうちのベランダからは真向かいの、網代の花火でした。
2020.8.16網代花火
先日の多賀の花火が、迎え火で、昨日の網代の花火は送り火と言うことです。
篝火がたかれ、三か所からの海上花火で、それはそれは送り火に相応しい豪華なものでした。
2020.8.16網代の花火
今日は、小田原ヒルトンでのテニスの日。
毎日歩いているおかげか、だいぶ体が動くようになってきましたが、そのせいか、一時間半のレッスンの終わりごろに、軽い肉離れを起こしてしまいました。
水分は十分に取っているつもりでしたが、出る汗の方が多かったようです。

毎日歩いていると、色々な景色に遭遇します。
2020.8.14長浜です
先日は、東の海上の雲に西日が映って、しかもそれが海にまで映り、見たこともない光景に出会いました。
東の海なのに2020.8.13
美しいものだけではなくて、道端には、沢山のマスクが捨てられたりしています。
閉鎖している神奈川の海水浴場に、勝手に押しかけている人たちが、夥しいごみを遺していくと、地元の人たちが困っているそうです。
日本人は行儀が良くて、清潔好きで・・・なんて、世界の人たちは思っているかもしれませんが、現実を見る限り、それは幻想にすぎないという気がします。

時節柄、太平洋戦争に関するドキュメンタリーが多く放送されています。
最近になって新しく発掘された資料も多く、色々とみていると、日本の政府と軍部は、まったく自国民のことに心を砕いていなかったということがよくわかります。
何と言っても、広島の原爆だけでは足りなくて、長崎にも原爆が落とされたその後でもなお、御前会議で、政府と軍部の、全面降伏に対する意見は五分五分だったということです。
広島・長崎の後でもまだ、国民を犠牲にしようという意見があったなんて!

あれでも日本が降伏しなければ、次の三発目は、東京に落とす予定だったらしいです。

無差別の大量虐殺兵器を使用した、アメリカの罪を、我々はいつも言いつのりますが、実は日本でも、原爆の開発を試みていて、もし完成していたら、西海岸の大都市に落として30万人を一気に殺す計画があったということは、忘れてはならないと思います。
原爆は、先に開発した国が、きっと必ず使ったに違いありません。

しかし、75年が経った今でも、自国民を大事にしない政府であることに変わりはないなと、愕然とします。

posted by riyoko at 16:24| Comment(0) | 日記

2020年08月13日

コロナに夏休みはない

8月13日(木)
池田理代子です。

さすがの熱海でも、14時くらいからは、窓を開けているだけではとても我慢できない暑さになり、除湿やクーラーを入れています。
そうすると、蝉の声や鳥の声が聞こえなくなってしまうので、少し寂しいです。

毎年上高地に避暑に行かれるお知り合いから、長野県波田の素晴らしく大きくて甘いお西瓜が届きました。
早速に村田と大騒ぎしながら切って、こちらのお友達にもお分けして、毎日舌鼓を打ちながら頂いています。
2020.8.11波田のスイカ
お西瓜は、私の持病の腎臓にもとてもいいらしいです。
イチジクも腎臓にいいらしいそうで、もうお一方のお友達が毎年季節になると、イチジクのコンポートを手作りしてお送りくださいます。

太ももの火傷の方は、20cm四方くらいだったのが10cm四方には縮まってきましたが、それが皮が剥がれ赤くジュクジュクになって、とうとう痛みに我慢できず、かかりつけのお医者様からお薬を処方していただきました。
歩くととても痛く、毎晩ガーゼと包帯を取り換えて、痛み止めを飲んでいます。
もう6日になるのに、家の外にも出ないので、村田がドライブに連れ出してくれました。

伊豆高原まで行きましたが、シャボテン公園など、人の多いところは避け、以前から行ってみたかった『砂場』というお蕎麦屋さんで昼食を頂きました。
2020.8.12伊豆高原砂場

2020.8.12砂場の看板
お蕎麦自体はとても美味しかったのですが、メニューを見ると、ファミレス的で、やはり観光地の家族連れがターゲットなのだと理解しました。

その後は、このあいだ暖炉を買ったインテリアの店に、他のお客がいないのを見計らって入ってお茶をし、ちょっとかわいい器や石鹸などを頂いて、憧れの海へ。

川奈の奥に、誰も来ない砂浜があるのです。
2020.8.12川奈の隠れ砂浜
久しぶりに靴も靴下も脱いで、海につかりました。
もうトンボがしきりに飛び交う季節となりました。
2020.8.13川奈の海辺のトンボ
拡大すると、私の頭の上にトンボがこっちを向いてホバリングしているのがご覧になれます。

やっぱり夏休みなのでえらく県外の車が多いね、などと話して家に帰り着いたら、夜、突然に花火が打ちあがりました。
向かいの入り江の多賀の花火、今年は時間短縮で敢行されました。
2020.8.12多賀の花火です

2020.8.12多賀の花火
なるほど、これで人が多かったんだねと納得。
ベランダからしばし夏休みを堪能しました。

しかし東京は相変わらずひどいことになっていますね。
東京都医師会会長の尾崎先生が、「コロナに夏休みはない。国会議員も休んでいないで臨時国会を開き働いてください」と呼びかけていらっしゃいます。
国としての指標も出さず、ただ県知事さんの決定を批判するだけでは、都市部の恐ろしい感染の広がりは収まらない、と。

「感染経路不明者と家庭内感染が増えている」と危惧されていますが、私は「きっと家族には言えないようなところに行ってきた人が、家族に移しているんだろう」と思っていたのですが、尾崎先生も同じことをおっしゃっていました。
最近は、ホテルなどで療養の軽度感染者が、監視員を振り切って勝手に外に出たりしているそうで、人手が何人あっても足りないそうです。
医療従事者の方たちの苦しみを、政府も感染者たちも、少しでも軽減してあげられるようにしたいものです。
posted by riyoko at 15:18| Comment(2) | 日記

2020年08月09日

ウォーキングもまた楽し

8月9日(日)
村田孝高です。

夕方少し涼しい風が吹くようになった時刻、ウォーキングに出かけています。
うちから歩いて一時間くらいのところに、運慶が作ったという毘沙門天像があるらしいのですが、毎年一月三日の早朝だけ開帳されるみたいです。
2020.8神明宮

毘沙門堂2020.8
神明宮、毘沙門堂に行くのに、結構長い石段を登ります。
神明宮の階段2020.8
この石段も、ウォーキングコースに入れてみました。
石段には、落ち葉が積もったままになっているので、そのうち、箒を借りて掃いてみようかと思っています。

理代子さんが、三日前熱いミルクをこぼして、太ももにやけどをしてしまいました。
痛みで眠れないらしく、昼間もうつらうつらしています。
うっかりすると、家の中で熱中症にかかりそうです。
段々、手間のかかることが一つずつ増えてきたような・・・?

私は、ウォーキングの靴が合わないらしく、ひどい靴擦れになっているので、履きやすい靴を探しています。

どうも政府は臨時国会を開く気はないらしく、各県知事さんたちがそれぞれ頑張っておられるようですね。
次の選挙では「必ず落選させたい議員」を広める運動なんて言うのも、ネットでは起こってきています。
我々に与えられた、唯一の権利です。

これから先、世界はどう変わっていくのでしょうか。
経済的弱者は、このまま見捨てられていくのでしょうか。
アフリカやインドの惨状を報道で聞く度、目をそむけたくなります。

海にはマイクロプラスチックがあふれ、宇宙にも、海に負けない宇宙ゴミが夥しく飛び交っているそうです。
人類よ、地球を壊したいのか・・・?

posted by riyoko at 13:39| Comment(0) | 日記

2020年08月04日

一気に夏になりました

8月4日(火)
池田理代子です。

コロナは収まらないわ、雨も上がらないわで、今年はどうなるのかと案じていましたが、熱海にも、昨日今日あたりから一気に夏がやってきました。
目覚めて窓を開け、耳栓を外すと、ワーッとばかりに蝉の声と小鳥たちの声が飛び込んできます。

「梅雨明けを 待ちかねたるや 蝉時雨」などと下手な俳句を詠んだら、その日の友人のブログのタイトルが「待ちかねて 蝉時雨」だったので、びっくり!
この友人とは、高校一年生の時に同じクラスになって以来の長い付き合いで、文学のこと、恋のこと、人生のことなど色々語り合った親しい人なので、離れていても同じ日に同じ言葉を使った偶然と不思議さに、改めて深い縁を感じました。
およそ60年近くにも及ぶ長い付き合いです。

暑いとは言っても、熱海は海に面している分、東京より2〜3℃は気温が低いです。
昨夜は、赤くて大きい月が昇り、美しいムーンロードが見られました。
きれいなつきです.jpg

2020.8.3ムーンロード
明日はどうやら花火大会があるらしいですが、熱海住民は、ここのところ増えている感染者に、戦々恐々としている人が多いです。
割と東京などから訪れやすい距離にあるのが災いして、一気に感染者が増えました。
昨日も、食品の買い出しにスーパーにいったら、東京から来たらしい若者四人組が、マスクもせず大声で話しながら買い物をしていました。
食品を手にとっては棚に戻したりしていたので、そそくさと傍を離れましたが、ちょっと(というより大いに)怖かったです。
自分もかつては若者だったので、昔はあんな大声で話していたのかな・・・と、少し恥じ入りました。
毎日海辺をウォーキングしている村田も、浜辺に人がいないときはしばらく休んで海を眺めて帰って来るけど、若い奴らが大声で話していると、そそくさと帰って来ると言っています。
多賀湾の夕陽.jpg
今年はみんな飲み会も海水浴も自粛しなければと、連日テレビでは騒いでいますが、「長い一生のうちの一回くらい、どうってことないじゃないの」というのが私の持論です。
みんなが一年我慢すれば、感染も劇的に収まるのに、何故、医療体制がひっ迫しているような沖縄や地方に、わざわざ出かけて行かなければ気持ちが収まらないのかと、私には不思議な気がしますが、それこそまさに人それぞれなのですね。

昨年ご紹介したフィンランドの若き作曲家Eetu君が、日本での一年間の滞在を終えて、先月末帰国しました。
Eetu君.jpg
私の台本によるオペラが、来年の夏フィンランドで上演されます。
出演する村田も、来年の七月と八月はフィンランドに入る予定です。
フィンランドに帰ってからは、湖の中にある島のコテージでご両親と暮らし、毎朝森の中に出かけてはブルーベリーを摘んで食べているそうです。
人もいないので、マスクも必要がないとか、夢のような暮らしですね。
一幕のオーケストラを含んだ楽譜を送ってくれました。
今年いっぱいには第三幕まで仕上げる予定だそうです。
若いEetu君に、一つ生きる希望を貰っています。



posted by riyoko at 17:30| Comment(0) | 日記