2022年03月20日

身体にはきつい春です

3月20日(日)
池田理代子です。

熱海ではすっかり桜も梅も咲きそろい、連日駅前は大勢の若い人たちで賑わっています。
ミカンと桜と海と若い緑の色があふれています。
IMG-3955.jpg
ただこのところの気温の高低差に体がついていかず、起きると眩暈がして、足がふらつきます。
しかも、そこへ花粉の襲撃。
私よりも村田の花粉症がひどくて、新しいフランス語の歌曲の勉強をしながら、止まらない鼻水に音を上げ、こんな姿に。
2022031421000000.jpg
体の不調の原因は、他にも、ウクライナ情勢やコロナなどからくる精神的なものがかなり影響しているものと思われます。
やっぱりこんな時代をこれから生きていかなければならない若い世代の人たちが気の毒でなりません。
殊更に、この頃未来を創っていくのは若い人たちなのだという実感が湧き、以前は何となく反発を感じることもあった若い世代の文化や行動に、共感を覚えるようになりました。
このような未来を背負わせてごめんなさい、という気持ちが強くあります。

そんな中、久しぶりに東京に出かけ、近藤誠一元文化庁長官が定期的に開いておられるKサロンの会合に二人で出席してきました。
私のテーブルは、近藤さんのほかにお能の観世銕之丞さん、日本画家の鳥山玲さんの四人、村田のテーブルにはフランソワーズ・モレシャンさんがいらっしゃり、私とモレシャンさんは古くからのお知り合いで、食前酒タイムにはとても二人で盛り上がりました。

また、先日金沢で対談をさせていただいた、作曲家の青島広志先生のオペラ『あまんじゃくとうりこ姫』があり、ご招待いただいていたので、村田と二人で拝見いたしました。
ソプラノの江口二美さんはじめ、昔からのお知り合いの方々が出演されていて、懐かしく嬉しかったです。
江口さんの変わらぬ美貌と磨きのかかった美声に、感動でした。
2022031514520000.jpg
その後、村田はKサロンでお知り合いになった金春流の方から招待されて、千駄ヶ谷の国立能楽堂の公演に出かけていきました。
私も本当は一緒に行きたかったのですが、とてもその元気はなく、今回は失礼しました。
私も村田も、歌舞伎よりお能のほうに何となく惹かれます。
特に、中村吉右衛門さんがお亡くなりになってしまった今となっては、余計です。
能の奥深さは、日本が極めた一つの文化の形だと思っています。

眩暈と耳鳴りのひどい私を慰めてくれるのは、ぷにちゃんです。
油断していると、枕を占領されてしまいますが、ぷにのよこで昼寝をする時間が何より幸せです。
2022030515140000.jpg

posted by riyoko at 17:28| Comment(1) | 日記

2022年02月22日

足のケガ

2月22日(火)
村田孝高です。

昨年暮れの茅ヶ崎での『魔笛』舞台で、暴れる共演の男性を抱えて袖に引っ込むという演出のために、舞台上で足首を骨折してしまいました。
一日目の本番は処方してもらった痛み止めを飲んで、二日目は、車椅子での演技となってしまったのは、歌い手として誠に残念で悔しい思いでした。

その後松葉杖をついて生活をしていたのは、ご報告の通りです。

1月29,30日の小田原でのオペレッタ『こうもり』何とか松葉づえや車いすなしで
舞台を務め、ご来場の皆さんにも大変喜んでいただけたと思います。

タイタンの太田光代さんから、素晴らしいスタンド花をいただいていました。
DSCPDC_0001_BURST20220129163149072.JPG
時節柄打ち上げもできなかったので、家に戻ってから理代子さんと二人で、ささやかにシャンペンを開け、乾杯しました。
IMG-3920 (1).jpg
今月19日に、病院で最終の診察をしてもらい、結局五月に入ってから内視鏡での手術を受けるということになりました。
五月まで待ったのは、4月26日に、オーチャードホールで恒例の『バチカンから日本へ』の第九とハレルヤの公演があるからです。
IMG-3947.JPG
このチラシはまだダミーの段階で、最終のものではありません。
はじめ、プロの合唱団だけの予定でしたが、理代子さんとこれまで日本やバチカンで歌ってきた仲間たちも参加させてもらえることになり、久々にみんなと歌えると、理代子さんも喜んでいます。

ソリストとして普通に立って歌う分には、もう大丈夫ということですが、舞台上での激しい動きなどは事態を悪化させる危険があり、受けていた五月のオペラ公演はキャンセルせざるを得ないことになりました。
でも何よりもつらいのは、手術の後2週間も入院することになったことです。
このような入院は、今まで生きてきて初めてのことです。
リハビリをしながらの二週間ということですが、辛いだろうなあ・・・。
でも、病院食だけで二週間過ごせば、案外ダイエットにはいいかもしれません。

暫く荒れていた熱海の海も、だいぶ穏やかになり、晴れて見晴らしのいい日には、ベランダから向こうの大島の三原山が冠雪しているのが見られました。
IMG-3949.jpg
また、小魚の大群が来ているらしく、それを狙ってカモメの群れが海面を埋めていました。
IMG-3924 (1).jpg
北のほうでは相変わらず爆弾低気圧のせいで大雪の被害が出ているようですが、早く春が来るのが待たれますね。
posted by riyoko at 16:02| Comment(0) | 日記

2022年02月02日

奈良の続き

2月2日(水)
池田理代子です。

奈良・斑鳩の続きです。
ホテルをチェックアウトして、暫く奈良公園を散策、子供の頃によく連れて行ってもらった東大寺などを訪ねてみました。

小さい子供だった頃にも不思議と怖いという印象より、その芸術性と迫力に圧倒された仁王門の、運慶・快慶の作品に、やはり今度も見とれました。
IMG-3895.jpg


IMG-3893.jpg
鹿の親子に出会いました。
お母さんは、子供のために私が何か食べ物を持っていないか探索に来て、コートをカプ!
IMG-3897.jpg

IMG-3898.jpg
違いますよ、これは食べ物ではありませんよ。

その後法隆寺に向かい、平田先生と合流しました。
幾たびかの焼失に耐えて、少しずつ位置を変えたりしながら千年以上の歴史を刻んできた法隆寺には、やはり聖徳太子の息遣いが今も感じられるようです。
聖徳太子の黒駒を曳く調子丸の像がありました。
IMG-3915.jpg
大掛かりな展覧会が東京でも行われた、国宝の数々も、平田先生の懇切丁寧なご説明で鑑賞することが出来、本当に幸運でした。
IMG-3910.jpg
壁画と共に焼け落ちた金堂をそのままの姿で今も保存している収蔵庫。

年に一回、この焼失の日である一月二十六日には、防火訓練が行われるそうです。
唯一無二の芸術品を一朝にして失った痛恨や悲しみを忘れないために、焼けた匂いさえそのままに伺えるような状態で保存しているという収蔵庫です。

平田先生は、今もなお斑鳩の発掘調査を続けておられますが、大変興味深かったのは、たとえ掘ったところから正しく遺跡が出てきたとしても、すべては掘り起こしてしまわないということ。
後に続く若い学者たちのためと、それから、時間が経てば新しい鑑定技術も開発されるかもしれないということを考えて、幾分かを残しておかれるのだとか。

二時間半を、ずっと歩き続けて、色々とご説明を受けながら仏様に対峙しました。
斑鳩は、マンホールまでこのように素敵です。
IMG-3916.jpg
熱海に帰り着いてから、村田は『こうもり』の舞台に入りました。
私は29日、30日と二日間通って、皆様にご挨拶させて頂きました。

いつもおいで下さるレディと一緒に。
2022013015110000.jpg
オペレッタ協会の田代誠先生と、劇団NLTのトップの川端先生と一緒に。
2022012915070000.jpg


2022012915070001.jpg
思えば、田代先生にお誘いを受けてロザリンデを演じさせて頂いたのが、村田との初めての出会いでした。
その後も、『メリー・ウィドウ』のハンナにお誘いいただいたり、まだ少し若くて、その分未熟でしたが体力もあったころの懐かしい思い出です。

posted by riyoko at 22:04| Comment(1) | 日記

2022年01月27日

久しぶりの奈良です

1月27日(木)
池田理代子です。

奈良、斑鳩ホールでの講演から戻って参りました。
rekisi.gif
行きはこだまが三島乗り換えで、こんな素晴らしい富士山を見ることが出来ました。
IMG-3873.jpg
斑鳩では、コロナ禍にもかかわらず、大勢の方にお越しいただき、理事長さんからとても感謝されました。
ホールの素晴らしい緞帳が印象的でした。
IMG-3885.jpg
私の講演の舞台も、なかなか風情のある立派なしつらえでした。
IMG-3877.jpg
遠くは、大阪や兵庫からもお越し頂いて、嬉しかったです。
私も、楽しみにしていた雅楽の生演奏を聴かせていただくことが出来、また考古学者の平田先生と、第三部で身のある対談もさせて頂いて、大変に充実した『聖徳太子御遠忌1,400年』のイベントとなりました。
IMG-3884.jpg


IMG-3883.jpg
熱海から斑鳩には、こだま、ひかり、在来線、車と乗り継いで、四時間ほどかかります。
なので、翌日の講演に遅刻してはいけないと思い、前日入りをしました。
折角なので、幼い頃や若い頃に泊まったことのある奈良ホテルを予約しました。
翌日の講演後も、熱海まで帰り着く最終便に間に合いそうにないので、結局二泊することにしました。
IMG-3890.jpg


IMG-3887.jpg
大勢の皇族の方々がお泊りになった由緒あるホテル、懐かしいレストラン『三笠』で、ちょっと贅沢なお食事を頂きました。
何しろその前の金沢では、コンビニでしたので。

折角もう一泊するのだからと、平田先生が、法隆寺をつぶさにご案内くださるということになりました。
斑鳩の多くの古墳やお寺などの発掘に直にかかわってこられた先生のご案内を頂けるということで、胸が躍りました。
翌日の法隆寺や東大寺などは、また次の機会に!
posted by riyoko at 18:00| Comment(0) | 日記