2020年06月08日

横田めぐみちゃんのこと

6月8日(月)
池田理代子です。

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんのお父様が、とうとう娘との再会を果たせぬまま亡くなられました。

めぐみちゃんが、私の作品の大ファンでいらしたこと、よく絵をまねて書いてくださっていたことなどから、横田ご夫妻のご支援のお手伝いをすることになり、『真夏に第九を歌う会』として、ささやかながら活動資金の足しにと寄付を続けさせていただいていました。

私達の合唱団は、北朝鮮に向けてのラジオ放送で、彼女に呼び掛ける歌を歌わせて頂いたこともありました。
あの歌声は、めぐみちゃんの耳に届いたでしょうか。

今はお悔やみの声や手紙もきっと早紀江さんのもとに殺到していることでしょうから、落ち着かれた頃に、お手紙など差し上げたいと思っています。

アベノマスクが届きました。
こういうものに使える何百億円もの税金は、経営破綻しかかっている病院などのために振り当てていただきたかったなと、やっぱり思います。

先日、山の中に出かけた時に立ち寄った喫茶店の庭に、とんがり帽子のような変わった紫陽花を見かけました。
変わった紫陽花.jpg
今、季節は花盛りです。
広島の村田の実家でも、以前に送らせて頂いた『ベルサイユのばら』が、しっかり咲き誇っているとか。
2020ベルサイユのばら.jpeg
人間がわずか数か月自粛生活を送っただけで、世界のあちらこちらで、空はきれいになり、川に蛍が戻ってきたりしていますね。
考えさせられてしまいます。
帰り道、久しぶりの見事な夕焼けに遭遇しました。
IMG_2786.jpg

posted by riyoko at 02:23| Comment(0) | 日記

2020年06月02日

久しぶりに街中へ行きました

6月2日(火)
池田理代子です。

早くも梅雨のシーズンに突入しましたね。
駐車場のアジサイが、見事にぼってりと花開いていました。
2018.5.30アジサイ.jpg
東京では、本日34人の感染者が出て、緊急事態宣言を解除したばかりだというのに、早くも「東京アラート」が出てしまいましたね。
それは、外出自粛を緩めれば、感染者数も増えるのは当然のことだろうと思います。
増して、日本はみんなにpcr検査をしてくれるわけではないので、無症状の保菌者がどっと外に繰り出すわけですから、考えてみれば怖い話です。

私は臆病なのか、巣ごもりが苦にならないからなのか、はたまた腎臓に持病を抱えていてお医者様から脅かされているからなのか、とにかく、熱海の街中には行かないように、用事のある時でも、ずっと伊豆半島をまわって買い物に行っていましたが、今日は何か月ぶりかで街中に出かけました。
ぷにちゃんのワクチン接種があって、もう一か月くらい怖くて伸ばしていたのですが、さすがにいつまでもは伸ばしておけないだろうと、本日街中にある動物病院に行ってきた次第です。
・・・で、二重のマスクに眼鏡をかけ、更に上からフェイスシールドといういで立ちです。
フェイスマスク.jpg
いやー、もう六月ともなると、フェイスシールドも息で曇り、汗がダラダラ出て、顔中あせもになりそうでした。
ちょっとしたサウナ並みで、もしかして少し美肌効果なんかもあるのかしら。

親しい友人たちは皆、美容院にも行っているみたいですが、私はこんな臆病者なので、写真のように髪は伸び放題です。
いや、ただ臆病だというだけでなく、今はまだ死ぬわけには行かない仕事を抱えているんです。
万が一にも感染などする前に、この仕事は片づけておかねばと、気持ちばかり焦ります。

家の中ばかりにいるので、インテリアを少し変えることにしました。
ちょっとわくわくします。

ところで、疫病退散に効くとかで何かと話題の「アマビエ」ですが、私は、てっきり「甘エビ」だとばかり思っていました。
大好きな甘えびが効くのなら、どんどん頂こうと思っていたのに、残念です。


posted by riyoko at 19:03| Comment(2) | 日記

2020年05月30日

いよいよ第二波?

5月30日(土)
村田孝高です。

皆さん、いかがお過ごしですか。
お変わりありませんか?

6月27日に、熱海市民の皆さん限定で、20〜30人くらいのお客様の、無料コンサートをやろうと企画して、熱海在住のピアニストさんとも色々打ち合わせを始めていました。
私も久々に人前で歌えると、発声練習などにも気合が入り始めた矢先でしたが、早くも、感染の第二波が始まってしまったのではないか、と、危惧しています。

一度自粛生活が解けると、今度は再度の巣ごもり、前よりきつく感じられるでしょうね。

そんな中、佐渡が嶽部屋の力士さんたちから、頼もしいメッセージが動画で届きました。
動画をご覧になれる方は、是非ご覧ください。

皆さん、日々自粛生活を続けながら、7月場所に向けて励んでおられます。
「人間、辛抱だ!」
私達も、若いお相撲さんを見習って、今少し辛抱しよう!

体重の増加にはくれぐれも気を付けてお過ごしください。
posted by riyoko at 16:53| Comment(0) | 日記

2020年05月24日

お家でオペラ

5月24日(日)
池田理代子です。

自粛生活をしていると、何もまとまったこともしないのに、あっという間に時間が経っていきますね。

先日は久しぶりに、伊東の方のスーパーに行って色々とお野菜などを買いこんできました。
生花売り場に、可愛らしいスプレーバラがあったので、荷物を運んでくれる村田には申し訳なかったですが、ついつい買ってしまいました。
AOKIのばら.jpg
緊急事態宣言が解除されたとしても、まだまだ、私のような年齢のものは怖くて外出はできません。
PCR検査をちゃんとやっていないこの国では、まだまだ隠れ感染者が沢山いるに違いないと、私は疑っています。
こんな事態の最中に、とんでもない法案を通そうとしていた内閣ですからね。
二言目には首相は「責任はすべて私にあり、真摯に対処して参ります」と言いますが、もう聞き飽きた気のする言葉です。
国民は、「具体的にどのように対処するのか」を聞きたいはずなんですけれどね、このような答弁で済むのなら、世の中みんな楽だろうな・・・と思います。

国民への給付金なども、もう何週間も「スピード感をもって」との答弁ですが、首相にとってスピード感とはいったい何なのか、お聞きしたいです。
スピード感、スピード感と言っている間に、どんどん倒産したり廃業したりしている中小企業やお店があることを、よもや分かっていないはずはないと思うので、これはきっと織り込み済みの予定調和なのだろうな、と、疑ってしまいたくなります。
給付金が間に合わなくて廃業に追い込まれた人には、お金を払わなくて済む、という仕組みになっているのでしょうか。

段々疑り深く嫌な人間になりつつあるな・・・という気がしていますが、何しろ外出自粛中ですもの、色々と考えてしまいます。

さて、スイスにいる友人の姪御さんが、このようなサイトを見つけたと、友人から知らせてくれました。
一昨年、村田孝高が藤原歌劇団の本公演にデビューした時の『ナヴァラの娘』の舞台です。
0pera de stay-homeだそうです。
村田は、将軍ガリードをやっています。
28日まで視聴できますので、是非ご覧下されば嬉しいです。

お化粧することも髪をいじることもないので、前髪もすっかり伸びました。
白髪もひどいみたいで、「いい加減染めろよ」と言われています。
でも、このマスク生活、色々と楽―!
こんな生活をしているので、先日の母の日には、こんなバッグをプレゼントされました。
2020.5.12プレゼントのカバン
私はもう母なのね。
まあ当然ですけど、嬉しいような悲しいような・・・。
posted by riyoko at 18:58| Comment(0) | 日記